YouTubeの収益化の条件や広告収益についての解説

Youtubeの収益化や広告収益についての解説ページです。収益化される条件や、収益化のコツについても解説しているので、ぜひ参考にして下さい。

YouTubeの収益化や広告収益の概要

視聴の際に流れる広告

Youtubeの収益化の条件や広告収益についての解説
YouTubeは、動画を再生の際に流れる広告で収益を得られる。また、配信でも同様に広告で収益を得ることができる。

収益の種類

◆広告収益

Youtubeの収益化の条件や広告収益についての解説
広告収入は、動画投稿をする人にとってのメイン収益。動画で流れる広告の再生回数によって収益を得られる。

◆スーパーチャット

Youtubeの収益化の条件や広告収益についての解説
スーパーチャットとはいわゆる投げ銭のこと。配信をする人は広告収益よりもメインの収益になることもある。

◆チャンネルメンバーシップ

チャンネルメンバーシップとは、クリエイターに月額料金を払うことで特典を得ることができる機能。サブスク、サブスクライブと呼ばれることもある。

◆グッズ販売

Youtubeの収益化の条件や広告収益についての解説
動画再生ページで公式ブランドグッズ紹介し、購入された際に収益を得られる。

◆Premiumの収益

Youtubeの収益化の条件や広告収益についての解説
YouTube Premiumユーザーがコンテンツを視聴した際、その利用料金の一部を得ることができる。

収益化はすぐにはできない

YouTubeの収益化は一定の条件があり、条件もやや厳しめ。そのため、始めてすぐにはできないので注意しよう。

Youtube収益化の条件

Youtubeの収益化の条件や広告収益についての解説

4つの条件をすべて満たす

YouTubeの収益化は、一部例外を除いて4つの条件を全て満たす必要がある。満たさなければならない条件は以下の4つとなる。

代表者の年齢が18歳以上

年齢は支払いシステムの関係上、代表者が18歳以上である必要がある。もし、18歳未満の場合は保護者や代表者に、支払いシステムを登録してもらう必要がある。

登録者数

チャンネル登録者の条件は、1000人以上となる。ここが鬼門となる人が多い。

直近12カ月の総再生時間

直近12ヶ月の総再生時間が4000時間以上となっている必要がある。数字だけを見るとかなり難しいように感じるが、配信を多くしているか動画を多く出していれば意外とすぐにクリアできる。

モラルに反していないか

人に迷惑をかけたり、公序良俗に反するような場合、収益化にならないことが多い。基準はやや曖昧だが、社会的規範に適しているかどうかで判断するのが良いだろう。

YouTubeの収益化のコツ

配信・動画投稿の頻度を多くする

Youtubeの収益化の条件や広告収益についての解説
収益化を考えるなら、継続的にやることがかなり重要になる。例えば、週1で動画を出す、週3は配信をするなど、更新頻度を多くしよう。

ターゲットを絞る

Youtubeの収益化の条件や広告収益についての解説
どんな人に見て欲しいか、どんな人なら楽しんでくれるのかを考えて動画を作ってみよう。あなたの動画に共感してくれる人が増えてくれば、収益化が見えてくるぞ

全力で楽しむ

Youtubeの収益化の条件や広告収益についての解説
クリエイターが楽しそうかどうかというのは、もっとも大事なコツと言っても過言ではない。義務感でやるのではなく、自分が楽しいと思うことを全力でやってみよう。

Leave a Reply



Be the first to comment