Arena of Valor - 評価やレビュー、比較など

Arena of Valor(AoV:アリーナオブヴァラー)を300時間以上プレイしたレビュー、評価です。また他のMOBAと比較して評価を書いています。

レビューや評価・比較など

Arena of Valor
記者は他のMOBA系(LoLやDOTA2など)を各20時間ほどプレイしたことのあるMOBA歴はそれほど長くないプレイヤーです。
しかしArena of Valorのみ300時間以上はプレイしており、なぜこれほどに他と比べてやっているのかなどレビューをしていきたいと思います!

操作性

他のMOBAは多くがPCで展開されていることが多いので、基本的にスキルはボタンが複数ついているマウスではないかぎり、大体キーボードのQWERや1234といったボタンを左手で押す必要がありました。
また手元が見えていないので、余計に押し間違いも多く、慣れるまで非常に操作がしにくいと感じていました。

もちろん視点変更が細かくできるのはいいのですが、オートカメラでやるとどうしても視点が狭いので手動でやるのだが、それもなかなか面倒でスペースを押した時だけオートカメラ解除など色々と小技を使ってこのあたりは克服していたように思います。
Arena of Valor-AOV-レビュー-評価Arena of Valorの場合はモバイルなので、このあたりの操作性は抜群によく、スキルは発動がしやすく視点変更もスワイプだけなので、ここの部分ではPC系のものに比べて直感的にプレイでき、この点ではやはりモバイル系は優れてると感じます。

また他のモバイル系MOBAと比べると、スキルの反応なども含めレスポンスが非常に優れているように感じました。
ただしレスポンスが優れているぶん、簡単なヒーローはより簡単に、難しいヒーローはより難しく感じるということも。

今冬にSwitch版が出た時にはこの操作性は維持してほしいほど操作性がいいので、これは非常に今後も気になっているところ。


 

UI

ユーザインタフェース(英: User Interface, UI)または使用者インタフェースは、機械、特にコンピュータとその機械の利用者(通常は人間)の間での情報をやりとりするためのインタフェースである。
*注釈 Wikipedia
簡単にいうと利便性であったり、直感的にわかりやすいかといったところになるのだろうか。
現在は日本語での展開をしていないので英語版のみをプレイしているが、母国語である日本語製品のものと英語のみのものを比べているので圧倒的にArena of Valor側が不利かと思いきや、意外にもそうではなかった。

英語自体も難しい表現や、わかりにくい表現が少なくなるように表記していること部分が随所にみられる。
しかしその反面にわかりやすくするということで、スキルの説明があいまいな表記であったり、詳しく書かれておらずもどかしさを感じることもあった。

特にAstridのスキル2のスキル説明は使ってみると???という状態だった。
しかしそういった”わかりにくい部分”には随時修正などが加えられ、正しく表記され直したりしており、その点では非常に評価ができる点。

ただStandard(Casualの5v5)やRankなどはしっかりと説明はされているものの、その他のモードであるAbyssall ClashやHook Warsなどは、始めたばかりのわたしにはやる意味がイマイチわからなかったのはマイナス評価。

初心者のときはいいのだが、わかってくるともっと正確に詳しく書いて!というのはわがままなのかもしれない…。

Arena of Valor-AOV-レビュー-評価次に見やすさやボタンを押したときの押した感は、他のMobile系とくらべると非常に良かった。
TOP画面の項目はすっきりとまとまっており、どこに何があるのかということがごちゃごちゃしておらず、非常にわかりやすい。

次に他のMOBA系はコントラストが明るく、若干ボケた感じなので画面が見にくい(はっきりしていない、安っぽい感じ)があったが、Arena of Valorではボタンを押したときのエフェクトや、茂みなどのオブジェクトなど重厚感が高かった。
特にボタンを押したときの、押しました感は他のモバイル系MOBAと比べると1番と言っていいほどで、個人的には1番好きかもしれない。

ただそれゆえに一部SE(マッチングのときヒーローセレクト音の解除決定の連打音や、クリスマスシーズンのマッチングしたときのSE音)は重厚感ゆえうるさく感じたりもした。
マイナス評価には至らないが、強いて改善点をいえばこんなところだろうか。

おもしろさ

なにをもっておもしろさというのかは非常に難しいが、わたし個人は非常に楽しいと感じています。

まず登場キャラ(ヒーロー)がLoLなどの海外MOBAに比べてライトで、国産MOBAに比べて媚びすぎていないキャラが多くちょうどいいバランスだった。
スキンでは可愛い系のキャラはより可愛くなるのもよく、いきなりごりっごりの可愛い系キャラがいなかったのは個人的にすごく好きなところ。
Arena of Valor-AOV-レビュー-評価
またコラボレーションのキャラとしてBatmanをはじめ、知っているキャラクターがいるというも大きかったかもしれない。
個人的にはDevil May CryのDanteやVergilがコラボキャラとして出てくれれば、もう最高です。

次に操作性やレスポンスがいいのもこのおもしろさにつながっているように感じる。
自分がしている動きがリアルに伝わるのは非常に評価が高いところ。
しかしそれゆえにラグがあった場合の残念感は他のものより高いかもしれない。

そして試合時間がPC系のMOBAに比べて短いので、とっつきやすさがめちゃくちゃ高い。
1試合にかかる時間がもちろん長い場合もあるが、平均すると15~18分程度なのはモバイル系のMOBAならではといったところ。

 

総評

わたし自身はこれからももちろんプレイすると思いますが、友人などをはじめ、周りの方におすすめできるゲームの1つと感じています。
特にすべてのヒーローが強いと感じ、個性がよくでているので、プレイしていて楽しいという感覚がすごく高いゲームとなっています。

MOBA系が初めてという方でも、わたし自身も初めてに近い状態でプレイしていますが、めちゃくちゃ楽しめているので、ぜひ1度プレイしてみてください!

ダウンロードはこちらから

AoV iPhone
iPhone
AoV android
Android

Arena of Valor おすすめ記事リスト

人気記事▼
AoV 初心者攻略初心者攻略 AoV 最強ヒーロー最強ヒーロー AoV クラス別役割クラスの役割 AoV 装備品一覧装備品一覧

Leave a Reply



1 Comment

  1. mobaは少人数チーム戦の分味方が思うように動かないとかで煽りとか喧嘩が発生しやすい
    ゲームデザインなんで
    今まで日本展開されたmobaはチャットがあると煽りとか喧嘩だらけになって人が寄り付かなくなってサービス終了するパターンが多かったけど(スクエニのlovaとかセガのchoとか)
    aovの場合だとスイッチ版はチャットしにくいので暴言とか喧嘩が若干起きにくいから
    もしかすると日本でmobaが流行るきっかけになるかもしれない
    ただチャットがなくてもping連打とかわざと死んだりとか色々嫌がらせの仕方があるのであまり流行らないままかも