PUBG - ついに乗り越えアクションがテストサーバーで使えるように!PC正式版テスト第1回目が11月14日より実施!

PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)のPC正式版テスト第1回目が11月14日より実施される。今回のアップデートでは乗り越えアクション実装や弾道特性に関しての変更やその他様々な変更がされるようだ。

アップデート情報_PUBG

Test Servers for PC 1.0のアップデートについて

Test-Servers-for-PC-1.0-upddate

PUBG公式ニュース

今回のアップデートは大きく2つに分けてクライミングアクションおよび弾道特性に関することが変更点となっている。

テスト実施期間

11月14日 (火) 午前11時 ~ 15日 (水) 午前11時 (KST)テストモードおよびエリア
・NA SOLO TPP / FPP
・AS SOLO TPP / FPP

『PUBG』PC1.0正式版第テスト第1回目は日本時間2017年11月14日午前11時より、2017年11月15日午前11時までの24時間にかけて開催予定となっている。

弾道特性について

以下はPUBGにおける弾道特性について変更前と変更後の違いをわかりやすく比較してまとめた内容です。

変更前 変更後
弾丸は重力の影響だけを受けて速度は一定
(短い移動時間、弾道下降が少ない)
弾丸が重力と空気抵抗の影響を受けて、速度は時間が経つとゲーム内物理エンジンに従って減少
(発射から弾着まで時間が多くなるほど、弾道下降距離が多くなる)
機関銃以外のほとんどの武器が非常に正確だった 全ての武器が中距離(300m)まで現実の武器性能に合わせて調整された正確性に設定された
装着している照準器と関係なく武器のゼロインシステムが変数として作用する 装着している照準器によってゼロインシステムが変数として作用する
レッドドットサイト、ホログラム照準鏡の十字線強度の調整不可 周囲の明るさによって十字線の強度を手動で調整可能
脚腕に被撃されたらどの部位でもダメージ量が50%適用
(1次テストバージョンには適用されない、今後適用予定)
脚腕部位のダメージ量差別化
(胸に近いほどダメージ量増加)
ヘルメットが首をガードせず、ダメージ量ボーナスもなし ヘルメットが首をガードし、首を被撃時にヘッドショットボーナスから25%ペナルティへ
全ての武器と全ての被撃部位に同じダメージ量の変価値が適用 武器クラスや種類別に被撃範囲あたりのダメージ量の変化するようになる

Test Servers for PC 1.0パッチノート(2017/11/14)

クライアント最適化

  • 地形データーを最適化してメモリー使用量を減らしました。
  • 地形ローディングの際に発生していたラグ現象を緩和しました。
  • 多数のプレイヤーが見える際に発生していたラグ現象を緩和しました。

サーバー最適化

  • ネットワーク処理量を調整してサーバー性能を最適化しました。

アクション

  • クライミングアクションを追加しました。

ゲームプレイ

  • 車両の走行バランスを変更しました。
  • 車両の走行特性をよりリアルに変更しました。
  • 車両及び搭乗者のアニメーションを改善しました。
  • 弾道学を調整しました。
  • 8倍率、15倍率スコープに可変ズーム機能が追加されました。
  • マウスホイールを使用してレッドドットサイト、ホログラム及び倍率スコープの照準点明るさを調整することができます。
  • ヒットボックスを詳細化して部位別の被撃ダメージを調整しました。
  • これから首はヘルメットでガード出来るようになります。
  • 胸部位の被撃ダメージが既存より増加します。
  • 武器毎に部位別の基本被撃ダメージを修正しました。
  • スモークグレネード投擲時、スモークグレネードを中心に煙が円形で発生し、煙エフェクトがより濃くなりました 。( 以前に比べて視野遮断効果を強化 )
  • 1人称の際、銃口に関するポジションが変更されました。

次の要素を全て反映してダメージを計算するように変更しました。

  • 武器の基本ダメージ数値
  • 弾道距離(距離が増加するほどダメージ減少)
  • 被撃部位のダメージによる数値
  • 武器クラスによる数値
  • ADSモードのうち、傾いた状態で被撃されてもカメラが揺れすぎないように修正しました。
  • ADS状態でない場合、カメラの近くにある武器及び物体のブラー効果を除去しました。

Sound

次の項目の音量バランスを修正しました。

  • 起動時に飛行機の音 、 パラシュート広げる音 、 落下時の風音のボリュームを従来よりも下げました。
  • バギーのエンジン音ボリュームを従来よりも下げました。
  • 車両路面騒音の音量を、従来よりも下げました。

乗り物

既存のUAZスケールを実際のスケールに減らして、座席数を4席に変更しました。

UI/UX

インベントリから確認できるカバン容量UIを改善しました。

みんなが見ている記事

Leave a Reply



Be the first to comment