PUBG – 状況ごとの立ち回り方 | 市街地、草原、室内にいるときのおすすめの武器など

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)の状況ごとの立ち回り方を解説しています。室内や市街地、草原での立ち回りとオススメの武器を紹介しているので初心者は一度目を通しておいたほうが良いでしょう。状況毎によって強い武器が変わってくるので、有利な武器で戦えるようにしておきましょう。

状況ごとの立ち回り方

状況ごとのオススメの武器や立ち回り方を解説していく。
市街地、草原、室内の戦闘になることが多いので

市街地

ここで市街地と呼ばれるのは

  • Pochinki
  • Mylta
  • Primorsk
  • Lipozka
  • Rozhok
  • Georgopol
  • Severny
  • Lipovke
  • Novo ennove
  • Zharki

などの建物が数多く存在する場所のこと。

市街地は開始時から人が多く集まり、運が悪いと相手が強力な武器を所持した状態で遭遇することになる。
開幕はいかにして敵と遭遇せずに自分の武器・装備を集めることができるかがキモである。
マンションがある街では屋上に着地できると有利だ。

市街地では多くの建物が並んでおり、クリアリングが非常に重要になる。
また、足音や銃声など、室内戦同様に音を聞いて敵の場所を把握していこう。

市街地の道路を歩く時は標的にされやすいので、目立たないように動くことが大事だ。
音をしっかり聴いて相手の場所を把握し、予期せぬ攻撃に対応できるようにしておきたい。

中盤以降は、漁られているか待ち伏せされていることが多いので街に入る時は注意しておきたい。
建物から撃たれることも少なくない。

市街地ではアサルトライフルサブマシンガンが非常に使いやすい。

SMGでは特にUMP9がオススメだ。
威力が高く、アサルトライフルよりも連射速度が速い。
UMP9の一番得意な距離が市街地ではないだろうか。
入手のしやすさもその魅力の1つだ。

アサルトライフルであれば、どの武器相手でも基本的に戦える。
射撃モードをオートかバーストモードにしておくのも良いだろう。

草原

草原で戦うのであれば、距離がある場合が多いのでスナイパーライフルアサルトライフルが良いだろう。

草原では遮蔽物となるものが木と岩ぐらいしかなく、危険な戦いとなる。
高低差や草を利用して隠れるのもいいだろう。
伏せていると草原では位置バレにくいが、射撃しにくくなるので注意。

先に敵プレイヤーに発見されるとかなり不利なので、できるだけ早く敵プレイヤーを先に発見したい。
もし撃たれたら、敵プレイヤーの場所をすばやく確認して木や岩に隠れて反撃するしかない。
敵プレイヤーを発見するコツは射撃音の方向をよく聴くこと。

室内

狭い中での勝負なので、サブマシンガンショットガンなどの至近距離で強力な武器が非常に強い。

特に室内戦においてMicro Uziが、非常に強力だ。
ショットガンも強力であるが、S12K以外のショットガンだと弾を外した時に一気にピンチになる。
また、1発打った後のスキが多いのでエイムに自信がある人が以外はサブマシンガンを使用することをオススメする。

S12Kは5発連射でき瞬間火力も高いので、初心者でも使い勝手が良い。

  • 待ち伏せする時
  • 待ち伏せする時は入り口から入ってきたときから目視できない位置で待ち伏せする。
    相手が近づいてくるか、別の部屋に入ったら後から攻撃していこう。

  • 距離を詰める時
  • 基本的に部屋に扉を開けたら一度少し様子見。相手の姿が確認できたら撃とう。
    反応がなければ他の部屋に注意しつつ、クリアリングしながら進みながら敵を待つ。
    手榴弾やスモークなどを使うのも一つの手だ。

屋内の撃ち合いは最終的に、エイムや使っている武器によって異なる。
ソロの場合は極力屋内で待ち伏せするだけで良くて、あえて距離を詰めて倒さなくても良いだろう。

関連記事

About YDK 401 Articles
https://soundcloud.com/kensuke_y

Leave a Reply



Be the first to comment