スプラトゥーン2 - チャージャー立ち回り|おすすめブキ・おすすめギア・テクニック・各ブキ対策など

スプラトゥーン2(Splatoon2)のチャージャーの立ち回りページです。基本的な立ち回りやテクニック、おすすめギアやおすすめブキ、各ブキの対策など攻略に役立つ情報をまとめて紹介します。

チャージャー

チャージャーの特徴

  • チャージャーは溜めて発射
  • チャージャーはボタン長押しで「ブキ」をチャージできる。
    「ブキ」をチャージするとインクの射程と威力が上がる。
    チャージ量は照準にある円形のゲージで表示される。
    ほとんどのチャージャーはほかの「ブキ」よりも最大チャージ時の射程が長い。
    また最大までチャージするとほとんどのチャージャーは敵を1撃で倒すことができる。
    インクの速度が速いのもチャージャーの特徴だ。

  • チャージャーは射線が見える
  • チャージしている間、射線が表示される。
    敵に自分の位置と狙いがばれるので、注意しよう。

  • チャージ中は移動速度とジャンプの高さが低下する
  • チャージしている間移動速度と、ジャンプの高さが低下する。
    基本的にシューターのように移動しながら攻撃はできない。
    攻撃時のジャンプや移動はあくまで狙いの微調整だと考えておこう。

  • スコープ付きの「ブキ」は視界の狭さに注意
  • チャージャーにはスコープ付きの「ブキ」がある。
    スコープ付きの「ブキ」は敵をズームして狙えるが、視界が狭くなる。
    敵を狙っている間に、ほかの敵に攻撃されないよう注意しよう。
    またスコープ付きの「ブキ」は射程がほかの「ブキ」よりやや長い。

  • チャージャーはインクを直撃させよう
  • チャージャーはほかの「ブキ」と違い、撃った後落ちてくるインクにダメージがない。
    直撃させないと敵にダメージを与えられないので注意しよう。
    ただし、射線の下の地面をすべて塗ることができる。壁の塗りも同様。

    チャージャーの種類

    スプラチャージャー系

    「リッター3K」以外の全ての「ブキ」より射程が長い。
    インク消費も悪くなく、塗り役としても活躍できる。
    初級者か上級者までおすすめの「ブキ」だ。

    リッター3K系

    全ての「ブキ」もっとも射程が長い「ブキ」。
    塗り性能は低く、敵を倒すことが得意だ。

    スクイックリン系

    射程と威力が下がった代わりに、インク効率が良くなり、チャージ時間が短くなった。
    超長距離射程のシューターよりはやや低い程度。
    チャージャーというよりは、射程の長いシューターやスピナーにのような立ち回りになる。

    竹筒系

    「スクイックリン」系より射程が長く、チャージ時間も短い。
    ただし最大まで溜めても1発のダメージが99.9までだ。
    基本的には敵にインクを踏ませてダメージを稼いでから、インクの直撃で敵を倒す。

    立ち回り

  • チャージャーに求められること
  • 一般的に言えば、チャージャーは塗りよりも敵を倒すことを求められる。
    チャージャーは全体的に塗りが苦手だ。
    その代わりにほとんどの「ブキ」の攻撃が届かない場所から一方的に攻撃できる。
    ほとんど敵に倒されることなく、少なくとも5回以上は敵を倒すことが求められる。
    また味方が乱戦にしている敵を倒したり、敵の足元を塗って味方をサポートすることも重要だ。
    味方が進みづらい敵陣地を塗って、味方をサポートできるのもチャージャーの長所だ。
    敵を倒すのが苦手でチャージャーに慣れていない時は、危険な敵陣地を塗ったり、味方へのサポートで味方チームに貢献しよう。

  • 高い場所から狙おう
  • チャージャーは遠くから敵を狙うので、射線を妨害する遮蔽物が多い。
    基本的には遮蔽物が重なりにくい、高所から自分より低い位置にいる敵を狙おう。

  • 狙撃する場所を変えよう
  • 敵を倒すと、自分がどこにいたか倒した敵にばれてしまう。
    また敵を倒すときにほかの敵に射線が見られているかもしれない。
    1度敵を倒したらこまめに場所移動しよう。

    テクニック

  • 敵の足元を塗る
  • 敵が移動している時にいきなり敵を狙わず、まずは敵の足元を塗る。
    敵の移動速度が遅くなっている間に、敵を攻撃しよう。

  • 2つの照準
  • 壁や障害物で射線がさえぎられると通常の色が濃い照準とは別に色の薄い照準が見える。
    色が薄い照準は障害物がなくなった場合の照準だ。
    後述する「壁隠し」や「下隠し」で事前に敵に狙う時に活用しよう。

  • チャージキープ
  • チャージを維持したまま少しだけイカ状態で移動できる。
    後述の「壁隠し」などと合わせて活用し、自分の位置と射線を隠そう。

  • 射線隠し
  • ほとんどの敵はチャージャーの射線が見えてから、攻撃を回避しようとする。
    なので射線を壁や地面でかくし、攻撃する瞬間に敵に照準を合わせると攻撃を回避されにくい。

  • 下隠し
  • 横軸の狙いを敵に合わせ、銃口を地面に向けて射線を隠す。
    攻撃する瞬間に視界を上にあげて敵を攻撃する。
    場所を選ばずに射線を隠すテクニック。
    手首だけを動かし、で照準の縦軸を合わせよう。

  • 上隠し
  • 横軸の狙いを敵に合わせ、照準を上に向けて射線を隠すテクニック。
    下隠しと同じような感覚で狙いを定めよう。

  • 壁隠し
  • 縦軸の狙いを敵に合わせて、壁に照準を隠す。
    攻撃する瞬間に壁から飛び出して、敵を倒そう。

  • ジャンプ撃ち
  • 狙いの横軸を敵に合わせて、ジャンプで敵に照準を合わせて攻撃する。
    ジャンプして照準を合わせることで、高台から体を極力見せずに攻撃できる。
    敵に自分の位置を知られずに倒しやすくなる。

    射線隠し動画

    SamuraiGamersのライブビデオをwww.twitch.tvから視聴する

    おすすめギア

  • インク回復力アップ
  • インク効率アップ(メイン)
  • 相手インク影響軽減
  • イカダッシュ速度アップ
  • チャージャーは最大チャージ時のインク消費量が多いので「インク効率アップ(メイン)」がオススメ。
    サブウェポンも活用する場合は「インク回復力アップ」も良いだろう。
    チャージャーは足元を塗るのが得意ではないので、心配なら足元を塗られた時のために「相手インク影響軽減」をつけよう。
    「イカダッシュ速度アップ」があれば狙撃ポイントへ素早く移動できる。

    各ブキ対策

    対マニューバー

    マニューバーの射程内での戦いはこちらが不利。
    接近されそうになったら敵から距離を取ろう。
    中距離程度の間合いなら、一方的に打ち勝つことができる。

    対シューター

    基本的にはマニューバーと同じ。
    近づかれたら急いで離れる。
    射程が短い相手なら中距離で撃ち合っても良いが、ジェットスイーパーなどの長距離シューターには注意しよう。

    対チャージャー

    自分の方が射程が長いなら、射程外から攻撃しよう。
    基本的に射程が短い側の射程内に入ると、射程の長いチャージャーは不利になる。

    対ローラー・フデ

    中距離や長距離から攻撃すればチャージャーが有利。
    接近戦は不利なので避けよう。

    対スロッシャー

    射程外から攻撃すれば特に問題ない。
    近づかれないように注意。

    対スピナー

    敵の「ブキ」が「ハイドラント」の場合は要注意。
    「ハイドラント」はスプラスコープと同じくらいの射程なので、油断していると倒される可能性がある。
    それ以外は「スプラスコープ」以上の射程なら、正面から打ち合ってもチャージャーが有利だ。

    そのほかのメインウェポンと立ち回り

    関連記事

    Leave a Reply



    1 Comment