FF14 - ハウジングエリアについて|3国それぞれの雰囲気や景色をご紹介

ファイナルファンタジー14(FF14)にて、冒険者居住区として開放されているハウジングエリアについて説明しています。家を建てるのにかかる、大まかな費用や、エリアまでの移動手段、国ごとに異なるハウジングエリアの雰囲気を画像付きで紹介しています。

ハウジングエリアとは

家を建てることができるエリアのこと。
FF14内では「冒険者居住区」と呼ばれている。
自分の家を建てたり、FCメンバーが共有できる家を立てることができる。
また、居住区内には集合住宅であるアパルトメントも存在する。

ハウジングエリアについて

ハウジングエリアは、全部で4種類ある。

グリダニア:ラベンダーベッド
ウルダハ:ゴブレットビュート
リムサ・ロミンサ:ミスト・ヴィレッジ
ひんがしの国:シロガネ
ひんがしの国:シロガネに関しては、情報が出てき次第更新していきます。

できることは一緒だが、エリアの雰囲気や景色が違う。

それぞれのエリアは、1区から12区までサーバーが分けられている。

購入できる家にはサイズがあり、SMLの3つに分かれている。
Sサイズが一番安く、Lサイズが一番高い。

家を建てる際にかかる、土地代も含めたおおよその費用は以下の通りとなる。

家のサイズ 費用
S 420万ギル
M 2100万ギル
L 5300万ギル

土地代に関しては、販売開始時は価格が跳ね上がっている傾向にある。
販売開始直後の価格だと、S=500万ギル、M=3750万ギル、L=8750万ギル程となる。
(土地代は、一等地の価格をベースにしています。)

アパルトメントは、1室50万ギルで購入できる。

ハウジングエリアに行く方法

テレポを使用するには

ハウス内に「プライベート・エーテライト」を設置すると使用できる。
各国のグランドカンパニーで、軍票14,000で購入することができる。

各都市から行くには

各国にあるエーテライト・プラザから、無料でそれぞれのハウジングエリアに行くことができる。

それ以外の方法としては、特定のNPCに話しかけることで無料で行ける。

場所 NPC 最寄りエーテライト
グリダニア
:旧市街
船頭ロマリク(X:14 Y:6) 槍術士ギルド前
ウルダハ
:ザル回廊
イアボリー・スパロー二等闘兵(X:11 Y:14) 採掘師ギルド前
リムサ・ロミンサ
:下甲板層
船頭レレナス(X:7 Y:15) 漁師ギルド前
(双剣士ギルド)

それぞれの雰囲気

  • グリダニア:ラベンダーベッド

  • FF14_ラベンダーベッド1


    FF14_ラベンダーベッド2

  • ウルダハ:ゴブレットビュート

  • FF14_ゴブレットビュート1

    FF14_ゴブレットビュート2

  • リムサ・ロミンサ:ミスト・ヴィレッジ

  • FF14_ミスト・ヴィレッジ1


    FF14_ミスト・ヴィレッジ2

  • ひんがしの国:シロガネ
  • シロガネについては、こちらのページでまとめています。

    新ハウジングエリア「シロガネ」について

関連記事

Leave a Reply



Be the first to comment