【仁王】ボス:怨霊鬼 攻略情報~立ち回り・行動パターン・倒し方紹介~

仁王に出現するボス「怨霊鬼」の攻略情報です。ボス戦での立ち回り・行動パターン・攻略のコツを紹介します。死刑執行人に勝てない方や倒し方がわからない人はぜひ参考にしてみてください。ボスの弱点や強敵に挑むおすすめ装備・スキルなどの情報も掲載しています。

ボス:怨霊鬼 攻略情報

おすすめレベル:10
仁王 怨霊鬼

序盤

攻撃力が非常に高く、ガードをしないと大ダメージを受けることになります。ただガードすると大幅に気力を削られるので、連続してガードするのは控えましょう。そのため、チェーンとボールによる攻撃は回避でいなしていく立ち回りが一番安全です。

戦闘が始まったら、ボスが鉄球をぶん回すモーションを確認したら、回避で後ろに回り込みましょう。鉄球による攻撃後は隙が生じるので、攻撃のチャンスです。ただその場にい続けると両方の鉄球をぶん回すモーションをしてくるため、ある程度攻撃したら後退して距離を取ってぶんまわしモーションを避けましょう。ぶん回し後にも隙があるので攻撃しても良いでしょう。

回避でほぼすべての攻撃を回避できますが、連続攻撃で回避しづらい場合はガードも使ってい喰方が良いでしょう。ただ、ガードすると気力を半分以上消費するので、注意が必要です。
基本は相手の攻撃に合わせて回避を入力していきましょう。回避の連打でもある程度攻撃をヒットせずにすみます。

中盤~終盤

相手の気力をある程度減らすと鉄球の繋がった鎖が外れます。
その後、怨霊鬼は落ちている鉄球を拾って投げる攻撃モーションが追加されます。非常に隙が多く避けやすいので、相手を鉄球の近くにおびき出し誘発させていきましょう。
鉄球による攻撃以外ではジャンプからのプレスやひっかき攻撃をしてきます。

鉄球を拾って投げている間に後ろに回り込み、背後から攻撃しているのが最も安全です。

HPが3分の1程度になると、オーラを纏い攻撃スピードが一段階上昇するため、最後まで気を抜かないように立ち回りましょう。

攻撃パターン

序盤

・鉄球叩きつけ
両腕についてる鉄球を前方広範囲に叩きつける。後ろに回避するとヒットしやすいので、前方に回避しよう。
攻撃後の隙が非常に大きいので、攻撃チャンスになる。

・振り返り
叩きつけモーションの隙の後に、時計回りに腕を振り回して鉄球で攻撃する。モーションはゆっくりだが攻撃範囲も広いので、背後から攻撃しすぎないよう注意。
なわとびを飛ぶようにチェーンを回避すると避けやすい。

・振り払い
背後から攻撃していると、素早く腕を振り回し鉄球で攻撃する。一瞬体が沈むのが攻撃の合図。

中盤~終盤

・鉄球投げ
部屋に落ちている鉄球を拾って投げつけてくる。距離を取って居ると回避しづらい。拾っている間にボスに近づいて背後に回り込んでいれば安全に攻撃をしておくことが可能。

・プレス
右手を大きく振り上げてジャンプしたのち、ボディプレスを行う。予備動作が長いので、後ろに回り込んで回避。
起き上がるまでは隙になる。

・振り払い
序盤と同じように振り払い攻撃を行う。鉄球が無くなった分威力は減少しているので、ガードしてもそれほど危険ではない。ただ過信には注意。

・ねじりプレス
両腕にオーラを纏って、前方を2回ひっかいた後、空中でスピンしながらボディプレスを行う。非常に威力が高いので必ず回避したい。

・叩きつけ
両腕を頭の上で合わせて前方に叩きつける範囲攻撃。バックステップよりも、前方か左右に避けるほうが安全。

・つかみ
両腕を大きく広げ、つかみにかかってくる。左右や後ろへの回避だと捕まりやすいので。怨霊鬼の後ろへと回避するのが一番安全。
捕まるとほぼ即死級のダメージを受ける。

攻略動画

SamuraiGamersのライブビデオをwww.twitch.tvから視聴する

関連記事

メインミッション鬼の棲む島攻略

Leave a Reply



Be the first to comment