ハースストーン – 歓迎バンドル | 初回限りのお得なパック、課金するならまずはココ

ハースストーン(Hearthstone)の歓迎バンドルのまとめです。初回限定のかなりお得なパックとなっていますが、何を引くことができて、何が当たりカードなのかを検証してみました。初心者必見の内容となっているので、購入する方はまずここでチェックしましょう。

歓迎バンドル

1アカウントで各地域1回のみ購入できるお得なパックです。
例えばアジアで購入した場合アジアではもう購入できないが、南北アメリカなら購入可能です。

値段は4ドル99セント、または600円となります。
1ドルが120円以下であればドルで、121円以上なら円で買う方がお得です。

歓迎バンドルの内容はクラシックパックが10パック+ランダムなクラス固有カードのレジェンド(固定)が1枚です。
近い値段のパックが7パック1,200円を考えてもどれだけお得かわかるかと思います。
まずはこの歓迎バンドルから課金しましょう。

このページでは歓迎バンドルを購入するともらえるクラス固有カードのレジェンドを説明します。
あくまで「資産のない始めたばかりの方」を対象に当たり度を評価しています。
ある程度資産が揃ってくると評価は変わりますが、その点はご理解ください。


 

ドルイド

 ハースストーン-セナリウス
評価: ★★☆☆☆
 
どちらかと言えば、若干ハズレ気味のレジェンド。
[ 動き回るマナ ]を使った後ではマナがほとんど残っていない状態なので、セナリウスの強化が活きる場所がないのが大きな理由。
2/2の挑発ミニオンを出してもセナリウスを中心に2体出てくるので、[ メテオ ]の登場により返されやすくなった。
資産がない状態であるなら、還元してしまってもいい。

資産がある程度あるのであれば、★は3つほどといったところ。
【 ランプドルイド 】に入れてみても悪くはない。
中盤・終盤で使えると、盤面強化を1枚で3体出てくると考えれば強い。
[ 蓮華紋 ]と合わせて10マナ使えば一気に盤面を取り返せる。
 

ハンター

ハースストーン-キングクラッシュ
評価: ★★★★☆
 
どちらかと言えば当たりのレジェンド。
【 ミッドレンジハンター 】のフィニッシャーとして入れましょう。
9コストは少々重たいかもしれませんが8/8突撃は強力で、盤面に挑発がいない場合には8点が顔面にいくことになります。
2回殴れると試合には勝ったといっても過言ではありません。
レジェンドはカードを出したときに固有の登場をしますが、キングクラッシュは特にかっこいいです。

資産がある程度あれば、★2つ。
[ 荒野の呼び声 ]を入れる方が対応力が増えるところと、盤面が強化されるのが大きい。
ハンターは盤面を広げにくいが、[ 荒野の呼び声 ]で3体出ることを考えればお得。
 

メイジ

ハースストーン-アントニダス
評価: ★★★★☆
 
どちらかと言えばあたりのレジェンド。
様々な< メイジ >デッキに組み込むことができる。
すごく強いレジェンドだが、かなり組む構成が決まってくるうえ、アントニダスを入れるデッキは魔素が高くなりがち。
★3つか4つでかなり悩むところだが、アントニダスの強さを考慮して4つ。
資産がないうちはあまりお世話にならない可能性もあり。

資産がある程度ある場合は★5つ。
【 コントロールメイジ 】や【 フリーズメイジ 】のフィニッシャーとして活躍します。
特に[ 始原の秘紋 ]と組み合わせたコンボは強力で、研究次第ではどのデッキでも入れれる環境になるかもしれない。
 

パラディン

ハースストーン-ティリオン

評価: ★★★★★
 
文句なし当たりのレジェンド。
アグロからコントロールまでなんでもこいのカード。
< パラディン >のデッキではティリオンがないと組めないものがほとんどといっても過言ではない。
まずティリオンを引くところから始まるので、このカードを引いたら組めそうな構成を考えてみよう。
ただパラディンのデッキは総じて魔素が高い。
資産がないうちはコレクションで眠る可能性もあり。

資産がある程度あっても文句なしの★5つ。
組めなかったパラディンのデッキがこれで組むことができそうです。

プリースト

ハースストーン-ヴェレン
評価: ★☆☆☆☆

ハズレのレジェンド。
ただスタッツは7コスト7/7なので弱くはない。
ヒーローパワーや呪文が2倍になるので生き残ることができれば優秀なフィニッシャーにもなりえる。
ただ、[ 戦のゴーレム ]感は否めない。
素直に還元して、他のエピックやレジェンドを作る魔素にするほうが無難。

資産がある場合は★1つ。
【 OTKプリースト 】のひとつとして組み込むことができる。
しかし現状使われていないことをみるとお察しな強さかなとも感じる。
正直還元しても後悔は少ない。
 

ローグ

ハースストーン-エドウィン
評価: ★★★★★
 
文句なし当たりのレジェンド。
ほとんどのローグデッキに入るレジェンドで、【 ミラクルローグ 】をはじめ、強力なデッキの中心レジェンド。
他のレジェンドと違う点はコストが3という点。
後攻1ターン目[ コイン ][ 偽造コイン ][ 死角からの一刺し ][ 段取り ][ 腹裂き ]から出てくるエドウィンは恐怖の一言。

資産がある程度ある場合は★4つ。
【 クエストローグ 】では残念ながらエドウィンが入らないという点が大きい。
またローグを使っている場合1番初めに作成するレジェンドなので持っている可能性が高いこともある。

パラディンはデッキ内のレジェンド数が多く、敷居が高くティリオンは作成していない場合がある。
しかしローグのデッキはエドウィン1枚のみということもあるため、まずエドウィンをという方も多いはず。
ただ持っていない場合はもちろん大当たりといってもいいレジェンドなのでできれば還元せず持っておこう。
 

シャーマン

ハースストーン-アラキア
評価: ★★★☆☆
 
当たりともハズレとも言いにくいレジェンド。
ミッドレンジ系のシャーマンデッキなら入れてもいいのだが、スタッツが若干低め。
決して弱くはないのだが、[ ストーンヒルの守護者 ]から発見すればいいようにも感じる。
もしデッキに入れるならば、その豊富な効果を活かすためにも、[ 岩穿ちの武器 ]とセットにしたい。

資産がある程度ある場合は★3つ。
理由はほとんど上記と同じになってしまう。
アラキアを入れるのであれば[ 原始の王カリモス ]を入れて、アラキアは[ ストーンヒルの守護者 ]から発見したい。
 

ウォーロック

ハースストーン-ジャラクサス
評価: ★★★☆☆
 
当たりともハズレとも言いにくいレジェンド。
コントロール系のウォーロックを使う場合は、ほぼ入ることが確約されているくらいのレジェンド。

かなり強いレジェンドだが「資産のない始めたばかり」の状態で、ミッドレンジ~コントロールデッキを組むことができるかと言えば微妙。
しかし資産がある程度揃ってきてウォーロックのデッキを組む際にはお世話になることが多いこのカード。
還元せずに取っておいて腐ることは少ないように感じる。

資産がある程度ある場合は★4つ。
こちらも上記とかなりかぶってしまうが、ミッドレンジ~コントロールのデッキを組む際にかなり入る確率が高い。
また入るデッキが限られているということは、作成していない可能性も高い。
よって当たりの部類ということができるのではないだろうか。
 

ウォリアー

ハースストーン-グロマッシュ
評価: ★★★★☆

どちらかと言えば当たりのレジェンド。
【 テンポウォリアー 】などではまず入れたくなるレジェンド。
効果もわかりやすく、コンボにできるカードも基本カードやクラシックで済むところも評価が高い。

★4つの理由としては、コンボ前提として使いたいカードなので、8コストで気軽に使えるかどうかというと扱いが少し難しい。
また効果が発動しなければ攻撃力も4と高くはない点にも注意したい。
しかしフィニッシャーとしての強さは絶大なので、還元せずにおいておこう。

資産がある程度ある場合は★4つ。
理由はかなり上記とかぶってしまうのである程度割愛するが、最近では入らないデッキも増えてきた。
その点を考えても弱くはないレジェンドといえるので、還元せずにとっておいていいといえる。

余談ではあるが、グロマッシュはガロッシュの父親でもある。
父の方が髪の毛が多いのは何故だろうか。
 

関連記事

ヒーロー別デッキ

ドルイド ハンター メイジ
パラディン プリースト ローグ
シャーマン ウォーロック ウォリアー

Leave a Reply



Be the first to comment