ファイアーエムブレム無双 - タクミの絆会話まとめ

FE無双(ファイアーエムブレム無双)に登場する「タクミ」と各キャラクターの絆会話をまとめました。絆会話は特定のキャラクター同士で絆レベルを最大まで上げると発生する特別な会話です。

絆会話_FE無双

シオン

タクミ×シオン
キャラクター 会話内容
FE無双_シオンシオン タクミ!今日のオレの戦い、見たか?無敵の騎士っぷりだったよな!
FE無双_タクミタクミ いや、まだまだだね。
FE無双_シオンシオン 何だって!?
FE無双_タクミタクミ 例えば敵の大将に斬りかかっていったとき、射手を警戒した?隙だらけだったよ。
FE無双_シオンシオン い、いやそれは、仲間がねらわれないようにわざと隙を・・・・・・。
FE無双_タクミタクミ それに鎧を着込んだ相手を斬るときは、刃が通らないように継ぎ目を狙わないと。
FE無双_シオンシオン ぐぐ・・・・・・。それはそうだけど、倒せたんだからいいじゃないか!
FE無双_タクミタクミ もっと強い相手が出てきたらどうするんだよ。次は気をつけて。
FE無双_シオンシオン また、次は、かあ!タクミはいつになったら認めてくれるんだよ!
FE無双_タクミタクミ それは、強くなるしかないだろ。
FE無双_シオンシオン 強くなるしかない、か・・・・・・。
FE無双_タクミタクミ そう、強くなるしかないんだ・・・・・・。認めてもらうためには・・・・・・。強ささえあれば、比べられることもない。誰にも引け目っを感じたりしない・・・・・・。兄さんや姉さんだって、僕のことを・・・・・・。
FE無双_シオンシオン 単純だけど、難しいな。タクミはどうやって強く・・・・・・?
FE無双_タクミタクミ ・・・・・・・・・・・・。
FE無双_シオンシオン タクミ?大丈夫か!?
FE無双_タクミタクミ !!あ、ああ。ごめん、ぼうっとしてた。僕も、自分の強さに満足していないからね・・・・・・悩みは尽きないよ・・・・・・。
FE無双_シオンシオン そうなのか・・・・・・。なら、そうだ!オレとふたりで強くなろうぜ!まずは、勝負だ!
FE無双_タクミタクミ お前と勝負?何で僕が・・・・・・。
FE無双_シオンシオン オレは強くなってタクミに認めてほしいし、タクミだって強くなりたいんだろ?一石二鳥ってやつだよ!
FE無双_タクミタクミ いや、勝負したからって強くはならないと思うけど・・・・・・。
FE無双_シオンシオン なら、オレの不戦勝だな!オレを認めたってことでいいんだよな?
FE無双_タクミタクミ 何でそうなるんだよ・・・・・・。そこまで言うなら力の差を思い知らせてやるしかないね。
FE無双_シオンシオン そう上手くいくか?剣と弓じゃ、勝負にならないかもしれないぞ!
FE無双_タクミタクミ ふん・・・・・・確かに、一対一の接近戦に限れば、弓より剣のほうが有利だろうね。だけど、僕が弓しか使わないと、いつ言った?
FE無双_シオンシオン ま、まさか!?
FE無双_タクミタクミ 王子たるもの、白夜の武芸くらいはひととおり修めていて当然だろ。お前の甘い剣術、僕の刀で叩き伏せてあげてもいいけど?
FE無双_シオンシオン あれだけの弓の腕を持ちながら、刀を使いこなすなんて・・・・・・タクミ、流石だぜ!しかも、それに満足せずに、つよくなろうとがんばるなんて・・・・・・オレも見習わなくちゃ!
FE無双_タクミタクミ た、大したことじゃないよ。じゃあ、今日はもう休むから。勝負は明日してやるよ。
FE無双_シオンシオン おう!明日、勝負だ!絶対に認めさせてやるからな!
FE無双_タクミタクミ やれやれ。ま、本当は認めてもいいけど・・・・・・あいつとの勝負は楽しそうだしな。

リン

タクミ×リン
キャラクター 会話内容
FE無双_リンリン タクミ!また無茶をしたわね!どうして危ないことぼかりするの?
FE無双_タクミタクミ また、リンディスか······。強くなるためだよ。
そのためには、危険な状況に身を置いて闘うことは必要だろ?
FE無双_リンリン それで死んだら元も子もないじゃない。
あなたのきょうだいたちだって、あなたが傷つくことなんて望んでないわ。
FE無双_タクミタクミ 僕は、きょうだいに認められるためにも、強くならなくちゃいけないんだ。
強くならなきゃ、僕が傷ついたって、きっと気にも留めてくれないよ······。
FE無双_リンリン 本気で言っているの······?
FE無双_タクミタクミ リンディス······?
FE無双_リンリン そんなわけないでしよ‼あなた、家族を何だと思ってるのよ!?
FE無双_タクミタクミ いや、その······。
FE無双_リンリン あなたが傷ついて、リョウマたちが、悲しまないわけないわ!
ましてや死んだりなんかしたら、永遠に悲しみ続けることになるのよ!
FE無双_タクミタクミ そんなことわからないだろ。僕が死んだって兄さんたちにはカムイが······。
FE無双_リンリン あなたは、あなたしかいないの。代わりなんて存在しない。
リョウマが死んだら、あなたはほかの誰かをリョウマのように慕えるの?
FE無双_タクミタクミ そんなこと、できるわけないだろ!リョウマ兄さんに、代わりなんていない!!
FE無双_リンリン だったら、どうしてリョウマにとって、あなたもそういう存在だって思わないの!?
FE無双_タクミタクミ ······!でも、僕は強くないから······。
FE無双_リンリン 強さなんて関係ない!
······私の大事な仲間のひとりにね、フロリーナっていう子がいるの。
彼女は天馬騎士なんだけど、男が苦手で、すごい気が弱くて、いつも失敗ばかり······。
私を守る立場だけど、私が守ってあげることのほうが多いくらいなのよ。
FE無双_タクミタクミ 守られるはずの人を守ってばかり······か。それでも、リンディスは構わないのか?
FE無双_リンリン 彼女は私にとって、かけがえのない友連だしずっとー緒にいたいって思ってる。
そこには強さなんて関係ないわ。家族だったら、なおさらよ。
サクラはあなたより弱いと思うけど、あなたはどうでもいいって思ってるの?
FE無双_タクミタクミ いや、絶対にそんなことはない。サクラは大切な妹だ······!
FE無双_リンリン リョウマも、ヒノカも、カムイも······、あなたに同じことを思ってるよ。
FE無双_タクミタクミ ·····そうか。癲だけど、あんたに気づかされたよ。
僕は······甘えてばかりだった。自分のことも、きょうだいのことも······。
FE無双_リンリン よかった······嬉しいわ。タクミのことが本当に心配だったんだから。
きょうだいだけじゃなく、私にとっても、あなたはとても大事な存在なのよ。
FE無双_タクミタクミ ······だったら、僕が無茶したときは、リンディスが守ってくれよ。
だけど、いつまでも守られてたりはしないからな。
あんたより強くなって、無茶するあんたを逆に守ってやる。
FE無双_リンリン ふふ······頼もしいわね!その時を楽しみにしてるわ!

リズ

タクミ×リズ
キャラクター 会話内容
FE無双_タクミタクミ はあ、今日も疲れたな······。明日も早いし、早く休まないと。
······ん、視線······!?こんな夜に······。誰だ!?どこにいる!?
·····う、うわあっ!て、天井に顔がっ!
FE無双_リズリズ わーい!いたずら大成功!
FE無双_タクミタクミ うわあああああっ!な、何だ!?敵か!!?
FE無双_リズリズ タクミさん!?リズだよ、リズ!!
FE無双_タクミタクミ リズl?·····リズか。
まさか、あんたのいたずらなのか?寿命が縮むかと思ったよ。
FE無双_リズリズ ごめんね。まさかここまで驚くなんて思わなかったから。
FE無双_タクミタクミ 夜中に急に現れたら誰だって驚くだろ。それに、天井のあれ、何?
FE無双_リズリズ ああ、あれは前にフレデリクが描いたお兄ちゃんの似顔絵だよ。そっくりでしょ?
FE無双_タクミタクミ あれがクロムの似顏絵だって······?ちょっと生々しすぎやしないか······?
······とにかく!もう金輪際、こんないたずらはしないでくれる?
FE無双_リズリズ わかった!今度から、もうタクミさんが嫌がることはしないよ!
FE無双_タクミタクミ ······その台詞、前にも聞いたような気がするんだけど。
FE無双_リズリズ あれ、そうだったっけ?
FE無双_タクミタクミ うん。僕の髪紐を、花柄のリポンにすり替えたときだよ。
僕はそれに気づかないで、すごく恥ずかしい思いをしたんだからな。
FE無双_リズリズ あー···そうだったね。ごめんなさい、嫌な思いさせちやって······。
つい、いたずらしちゃうんだ······。でも、もうやめます。約束します。
FE無双_タクミタクミ え?はあ······そんなに落ち込むなよ。僕も言い過ぎたよ。ごめん。
でも、あんたはどうして、そんなにいたずらばかりするんだ?
FE無双_リズリズ タクミさんとは仲良くしたいけど、なんだかいつも、ピリピリしてるように見えたの。
話しかけづらくて、それで、いたずらすれば話す機会ができるかなって······。
FE無双_タクミタクミ なるほどね······むしろ僕は警戒してたんだよ。こうして毎回いたずらしてくるから。
僕だって、もっと仲良くしたかったから、普通に話しかけてくれたらって思ってた。
いたずらじゃなくて、気軽に話しかけてきなよ。
そしたら別に、怒ったりしないからさ。
FE無双_リズリズ うん······そうだね。よかった!
いたずらしたから警戒して、警戒してるからいたずらして······。
わたしたち、おかしなことで悩んでたんだね、タクミさん!
もう、いたずらは絶対しないから······これからは、いっぱい話そう!
FE無双_タクミタクミ ああ、そうしよう。じゃ、和解もしたことだし、一緒にお茶でも飲む?
白夜の茶葉が少しあったはずだから、ちよっと待ってなよ。
FE無双_リズリズ うん、わかったよ。あっ、タクミさん!言い忘れてたんだけど······!
FE無双_タクミタクミ え?何?急いで戻るから、そのへんの本でも読んでうおああああああ!
FE無双_リズリズ そこに落とし穴があるから気をつけてって言うつもりだったんだけど······遅かったか。
で、でも、さっき仕掛けたいたずらだから、許してくれるよね?
FE無双_タクミタクミ ああもう、許すから早く引き上げてくれよーっ!

マークス

タクミ×マークス
キャラクター 会話内容
FE無双_タクミタクミ 100本のうち、70本が命中か…。くそっ、まだ鍛錬が足りないな。
もっともっと強くならないと、誰にも認めてもらえない······。
FE無双_マークスマークス タクミ王子。こんな夕暮れまで訓練とは、ずいぶん熱心だな。
だが、無理はよくないぞ。朝からやっていたのだろう?少し休んだらどうだ?
FE無双_タクミタクミ ·····いえ。僕はまだまだ強くならないといけないんです。
僕のことを気遣ってくださっているのはわかります。でも、放っておいてください。
FE無双_マークスマークス あまり無理に訓練をしても、集中力が失われるだけだ。素直に休んだほうがいい。
FE無双_タクミタクミ ·····っ!休むなんて言えるのは、あなたのような強い人だけです。
僕も早く強くならなければ。少なくとも今の僕には、休む余裕はありません。
FE無双_マークスマークス ほう、私が強いと言ったか、タクミ王子。······そうか、今はそう見えるのか。
私も、タクミ王子くらいの頃は、がむしゃらに訓練をしていたものだ。
FE無双_タクミタクミ えっ······マークス王子も?なんだか意外です······。
FE無双_マークスマークス ああ。だが、過度な訓練をして、体を痛めてしまったこともある······。
そのときは、剣を持っこともできず、強くなるどころか、腕が鈍ってしまってな。
しばらくは包帯だらけの姿で、きょうだいたちにもずいぷん心配をかけた。
FE無双_タクミタクミ マークス王子でも、そんな失敗を······。
FE無双_マークスマークス ああ。他にもあるぞ。幼い頃、腕試しにノスフェラトゥが巣食う森に行ったときだ。
私は暗夜の暗い森の中で、帰る道を見失ってしまった。
丸一日彷徨って、やっと戻ったときには父上にひどく叱られたものだ。
FE無双_タクミタクミ どうしてそんな無謀なことを?
FE無双_マークスマークス 今のタクミ王子と同じだ。
早く強くなりたくて、ひとりで無茶な鍛錬をしていた。
強くならなければと気負うのはわかるが、訓練は適切に行わなければ意味を成さん。
当時の私は、それに気づいていなかった。今のお前の姿は、まるで昔の私だ。
FE無双_タクミタクミ マークス王子······でも、僕は······。僕は、訓練をして、早く強くならないと。
FE無双_マークスマークス ······ふう。その頑固なところも、昔の私と同じか。それならば······。
タクミ王子、私が鍛錬に付き合おう。
FE無双_タクミタクミ ええっ?マークス王子が?
FE無双_マークスマークス 焦って闇雲に訓練を繰り返しても、すぐに認められるような強さは身につかない。
しっかりと先を見つめ、今やるべきことを着実にやっていくことが大切だ。
私なら、その助言をできる。ひとりで鍛錬するより成果が上がるぞ。
FE無双_タクミタクミ ······そうですね。では、お願いします。
FE無双_マークスマークス ああ、ではこれからは、いつでも私を頼るといい。
今のお前は、どうにも気になって、放っておけないからな。
FE無双_タクミタクミ マークス王子······。ありがとうございます。
でも、僕があなたよりも強くなって、後悔しても知りませんよ?
FE無双_マークスマークス その時はその時だ。私とて、成長したお前に後れを取るつもりはないぞ。
FE無双_タクミタクミ ふふ······はい、わかりました。やるからには全力でやります。
いつかマークス王子を超えられるよう、成長してみせますからね。

こちらの記事もおすすめ

Leave a Reply



Be the first to comment