ファイアーエムブレム無双 - シーダの絆会話まとめ

FE無双(ファイアーエムブレム無双)に登場する「シーダ」と各キャラクターの絆会話をまとめました。絆会話は特定のキャラクター同士で絆レベルを最大まで上げると発生する特別な会話です。

絆会話_FE無双

リアン

シーダ×リアン
キャラクター 会話内容
FE無双_シーダシーダ お疲れ様!怪我はしてない?
FE無双_リアンリアン はい、大丈夫です。シーダさんも、お疲れ様でした。
FE無双_シーダシーダ わたしは、みんなほど疲れていないわ。戦場ではペガサスに乗っているし・・・・・・。
FE無双_リアンリアン ふふっ・・・・・・。
FE無双_シーダシーダ ・・・・・・え?どうかした?
FE無双_リアンリアン シーダさんは王女なのに、気さくですっごく話しやすいな、って・・・・・・。
FE無双_シーダシーダ あら、王女らしくなかったかしら。わたしの国は辺境の小国で歴史も浅いから・・・・・・。
FE無双_リアンリアン あ、ごめんなさい。仲良くしてくれて嬉しいなって思っただけなんです。あの、良かったらシーダさんの国のこと、もっと教えてくれませんか?
FE無双_シーダシーダ ふふ、興味を持ってくれて嬉しいわ。わたしが住んでいた国は、タリスというの。アカネイア大陸の東にある島国で、大陸に七つある王国の中ではー番若い国よ。
FE無双_リアンリアン 王国が七つも・・・・・・。マルスさんは確か、アリティア王国の王子でしたよね。
FE無双_シーダシーダ そうよ。豊かで平和な国だったわ・・・・・・。タリス王国とは友好関係にあったの。その縁で、マルス様はタリス王国に亡命してきたのよ。
FE無双_リアンリアン 亡命・・・・・・戦争でアリティア王国が滅ぽされてしまったんでしたね。
FE無双_シーダシーダ ええ。それで、いつ追手に襲われるかわからないマルス様を匿っていたの。・・・・・・だけど、結果的に助けられたのはわたしたちのほうだった。タリスが海賊に襲われたとき、マルス様がアリティアの騎士を率いて助けてくれたの。だから、マルス様が兵を挙げて旅立つとき、次は私がマルス様を支えたいって思ったの。
FE無双_リアンリアン お互いに助け合って、支え合って・・・・・・。おふたりは本当に、素敵な関係ですね!なんだか、うらやましいです。私には、あんな弟しかいませんから・・・・・・。
FE無双_シーダシーダ あら、あなたたちだって同じでしょう?助け合って、支え合って、素敵な姉弟だわ。
FE無双_リアンリアン え!?シーダさんたちとは全然違いますよ!私たちなんて、いつもケンカばっかり。弟はマルスさんと違ってバカですし・・・・・・。
FE無双_シーダシーダ お互いを深く信頼しているからこそ、本音でぶつかり合えるのよ。その点、わたしとマルス様は、まだそこまでの関係では・・・・・・。
FE無双_リアンリアン シーダさんは、マルスさんに・・・・・・その・・・・・・、本当の想いは、まだ伝えていないんですか?
FE無双_シーダシーダ ええ・・・・・・こういう気持ちって、自然と伝わるものだと思っていたのだけれど・・・・・・。
FE無双_リアンリアン それなら、シーダさんもマルスさんに本音をぶつけてみましょうよ!私と弟が平気なんだから、お二人なら絶対に大丈夫です!
FE無双_シーダシーダ ・・・・・・そうね。ありがとう、前向きにやってみるわ!
FE無双_リアンリアン ・・・・・・ふふふっ。
FE無双_シーダシーダ あら、どうしたの?急に笑い出したりして。
FE無双_リアンリアン ごめんなさい、こういう話ができる友達が今までいなかったので嬉しくなっちゃって。
FE無双_シーダシーダ ふふ、そうなの?じゃあ、これからも相談に乗ってもらってもいいかしら。
FE無双_リアンリアン もちろんです!たくさんお話を聞かせてくださいね!

アンナ

シーダ×アンナ
キャラクター 会話内容
FE無双_シーダシーダ アンナさん、今日も忙しそうですね。たまには休んだほうが・・・・・・。
FE無双_アンナアンナ 心配してくれてありがとう、シーダ。大丈夫よ、休めるときは休んでいるから。
でも、我ながらちょっと働きすぎかしらね。こんなに忙しいと、恋人もできやしない。
FE無双_シーダシーダ え? わたし、てっきりアンナさんには、恋人がいるものと思っていました。
FE無双_アンナアンナ あら、なんで?
FE無双_シーダシーダ わたしの世界にいたアンナさんには、恋人がいたので・・・・・・。
こっちのアンナさんにもいるものと勝手に思い込んでいたみたいですね。
FE無双_アンナアンナ ヘえ、そうなのね! その恋人に、シーダは会ったことはあるの?
FE無双_シーダシーダ ええ、戦場で偶然。ジェイクさんといって敵対していた国の軍人さんだったんです。
FE無双_アンナアンナ それじゃあ、その彼と戦ったってこと?
FE無双_シーダシーダ いえ、戦ってはいないんです。彼は、平和を愛する優しい方で・・・・・・。
アンナさんのことを話したら、快く味方になってくれたんです。
その後も、平和を取り戻すために一緒に戦ってくれることになって·。
FE無双_アンナアンナ 素敵! そんな人と出会えたら、私、どこまでもついていってしまいそう!
FE無双_シーダシーダ うふふ、わたしの世界のアンナさんも、きっと同じようなことを言うと思います。
やっぱり、どの世界でもアンナさんはアンナさんなのですね。
FE無双_アンナアンナ そ、そうなの・・・・・・?なんだか急に恥ずかしくなってきたわ。
FE無双_シーダシーダ ねえ、アンナさん。あなたは今、好きな人はいないのですか?
FE無双_アンナアンナ は!? え、えーと・・・・・・。
あ、いっけない! まだ仕事が・・・・・・。忙しい、忙しい・・・・・・。
FE無双_シーダシーダ アンナさん。気になる人くらい、いるでしょう?
FE無双_アンナアンナ ・・・・・・あー、もう! 私は仕事が恋人なの! 好きな人を作ってる暇なんて・・・・・・。
FE無双_シーダシーダ 恥ずかしがることないじゃありませんか。人を好きになるって、自然なことですよ?
FE無双_アンナアンナ ・・・・・・シーダ、あなたって、意外とぐいぐい来るわね。
ええ、ええ。そりゃあ、私だって好きな人くらい作りたいけど・・・・・・。
FE無双_シーダシーダ いないんですか・・・・・・? そんなの、もったいないです!
FE無双_アンナアンナ もったいないって、またそんな。私自身、そんなに恋人を必要としてるわけじゃ・・・・・・。
FE無双_シーダシーダ 何を言うんですか。アンナさんだって、立派な乙女ですよ。
FE無双_アンナアンナ う・・・・・・でも、ほら、やっぱり私、今は仕事が大事っていうか・・・・・・。
FE無双_シーダシーダ それならむしろ、好きな人がいたほうが、仕事の励みになるんじゃないでしょうか?
FE無双_アンナアンナ なるほど・・・・・・そういう考え方もあるか・・・・・・。あなたに言われると妙に納得できるわね。
・・・・・・うん。シーダ、ありがとう! 私、恋愛に前向きになれる気がしてきたわ。
FE無双_シーダシーダ 本当? うれしい! 私までドキドキしてきました!
これからも、こういう女の子同士の話、たくさんしましょうね! ふふ、楽しみ!
FE無双_アンナアンナ そうね。私からもお願いするわ。いろいろと相談に乗ってくれる?
FE無双_シーダシーダ もちろん! まずは好きな人を作るところからですね!
FE無双_アンナアンナ う・・・・・・いざとなると気後れしちゃう。でもシーダが応援してくれるなら・・・・・・!

マルス

シーダ×マルス
キャラクター 会話内容
FE無双_シーダシーダ マルス様・・・・・・。ご無事ですか?
FE無双_マルスマルス うん、大丈夫。こんなところでやられるわけにはいかないよ。
君のほうこそ、怪我がなくてよかった。
君にもしものことがあったら、タリス王に申し訳が立たないからね。
FE無双_シーダシーダ そんなこと・・・・・・。
FE無双_マルスマルス それに、君を無事に元の世界ヘ送り届けたいというのは、ぼくの願いでもある。
本音を言えば、こんな敵の多い戦場に君が出撃するのだって、反対したいんだ。
FE無双_シーダシーダ でも・・・・・・マルス様、今はー兵だって惜しい状況です。
わたし、戦力になっていませんか?
FE無双_マルスマルス いや・・・・・・すごく立派に戦えていると思う。
FE無双_シーダシーダ よかった。なら・・・・・・。
FE無双_マルスマルス だからこそ、心配なんだよ。
君が有能であればあるほど、前線に出て戦い・・・・・・誰かを傷つけることになる。
それは、戦いを嫌う君にとって、耐えがたいことなんじゃないかなって・・・・・・。
FE無双_シーダシーダ そんなこと、言わないでください・・・・・・!
わたしは、マルス様のそばで、マルス様のために戦えることを幸せに感じています!
FE無双_マルスマルス シーダ・・・・・・。嬉しいけど、前線に立つってことは危険な目に遭う可能性だって・・・・・・。
FE無双_シーダシーダ それなら、わたしだけ安全な場所から見ていろって言うんですか!?
FE無双_マルスマルス そうは言ってないよ。でも、君がそれで傷ついたら、ぼくは堪えられないんだ!
FE無双_シーダシーダ それならマルス様は、わたしやみんなが戦っている間、城で待っていられますか!?
FE無双_マルスマルス それは! そんなことは、できるわけないじやないか・・・・・・!
君や・・・・・・みんなが傷つくかもしれないのに、自分だけただ待っているなんて・・・・・・!
FE無双_シーダシーダ わたしだって同じです!
FE無双_マルスマルス ・・・・・・! シーダ・・・・・・。
FE無双_シーダシーダ ・・・・・・わたしがおそばにいないせいで、マルス様が倒れるようなことがあれば・・・・・・。
わたしは・・・・・・、自分自身を絶対に許すことができないと思います。
FE無双_マルスマルス ・・・・・・・・・・・・・・・・・・そうだね。ぼくも同じだ。だからこうして、一緒に戦っている。
FE無双_シーダシーダ はい・・・・・・。決して、マルス様の気持ちがわからないわけじゃないんです。
感情的になってしまって、ごめんなさい。
FE無双_マルスマルス いいんだ、すまない。ぼくも、言葉が強くなってしまった。
君のそばで、君を守りながら戦いたい。それが、今のぼくの願いだよ。
FE無双_シーダシーダ 私の願いも同じです。マルス様のために、マルス様のおそばで戦い続け・・・・・・。
一日でも早くこの戦いを終わらせる。
FE無双_マルスマルス シーダ、ぼくたちの想いは、同じだ。手を取り合って、前ヘと進もう。
ぼくたちの力で・・・・・・この戦いを終わらせよう!
FE無双_シーダシーダ ええ。マルス様、喜んでお供します。

チキ

シーダ×チキ
キャラクター 会話内容
FE無双_シーダシーダ チキ、今日はお菜子を焼いたの。これからー緒に食べない?
FE無双_チキチキ 食べる!シーダ、やさしいね!大好き!
FE無双_シーダシーダ ふふ・・・・・・いいのよ。はい、どうぞ。
FE無双_チキチキ もぐもぐ・・・・・・もぐもぐ・・・・・・。
FE無双_シーダシーダ ほらほら、そんなに口に詰め込むと、こぼれちゃうわ。
FE無双_チキチキ もぐもぐ・・・・・・ごちそうさま!あまくて、おいしかった!
FE無双_シーダシーダ あっという間だったわね・・・・・・。夢中になって食ベてくれて、ありがとう。
FE無双_チキチキ シーダは、お料理じょうずだね!シーダが、わたしのおねえちやんだったらいいのにな!
FE無双_シーダシーダ おねえちゃん?そう言われるのは嬉しいな。
FE無双_チキチキ うん!マルスのおにいちゃんと、シーダのおねえちゃん。チキの、とってもたいせつなふたりだよ。
FE無双_シーダシーダ わたしにとっても、チキはとても大切な仲間よ。ううん、おねえちゃんって呼ぼれると、大事な大事な妹ができたみたいね。
FE無双_チキチキ いもうと・・・・・・。じゃあ、おねえちゃんのこと、ぎゅーってしてもいいの?
FE無双_シーダシーダ いいわよ。還慮しないで。
FE無双_チキチキ シーダのおねえちやん!ぎゅーっ。
FE無双_シーダシーダ よしよし。・・・・・・チキは、すごいわね。こんなに小さい体の中に、あんなに大きな竜になるカが、秘められているんだもの。戦場では、わたしよりずっとマルス様の役に立てるから、正直、茨ましいのよ。
FE無双_チキチキ マルスのおにいちやんの役に?だったらうれしいなあ!でも、わたしもおねえちゃんのこと、うらやましいって思ってるよ?
FE無双_シーダシーダ あら、どうしてかしら?
FE無双_チキチキ おねえちゃんはマルスのおにいちゃんとずっといっしょに戦ってきたんでしょ?おにいちゃん、おねえちゃんのことをたよりにしてるし、大事にしてるって・・・・・・。チキ、わかるんだ!とくベっな関係だって!
FE無双_シーダシーダ そうだったら、嬉しいんだけど。ふふ・・・・・・。大丈夫よ、マルス様とチキも、わたしとチキも、特別な関係だから。
FE無双_チキチキ ほんと!?えヘヘ・・・・・・やったー!ふたりのためなら、わたし、いくらでもがんばれるもん!
FE無双_シーダシーダ ありがとう。でも、無理だけはしないでね。あなたに倒れられちゃったら、わたしもマルス様も、心配だから。その姿でいるときは、わたしにもしっかり守らせてちようだい。
FE無双_チキチキ わかった!・・・・・・もうちょっと、ぎゆーってしてていい?
FE無双_シーダシーダ いくらでもいいわよ、チキ。

ティアモ

シーダ×ティアモ
キャラクター 会話内容
FE無双_ティアモティアモ シーダ様。装備を磨き終わりました。念入りに整備もしておきましたので。
FE無双_シーダシーダ ありがとうございます、ティアモさん。でも、いつも思うんですけど・・・・・・。
わたしをそこまで気遣ってくれなくて、いいんですよ?
FE無双_ティアモティアモ す、すみません。シーダ様のためだって思うと、つい熱が入ってしまって・・・・・・。
実はあたし、伝説の天馬騎士であるシーダ様にずっと憧れていましたから!
FE無双_シーダシーダ 伝説・・・・・・? ティアモさん、わたしはそんな大層な人間ではありませんよ。
わたしが伝説に名を残しているとしたら、それはすべてマルス様のおかげです。
FE無双_ティアモティアモ いいえ、そんな! 実際にお会いして、伝説は間違ってなかったって思いました!
軽やかに天空を飛翔し、動きの鈍い重騎士を恐怖の底に陥れたという槍の鋭さ・・・・・・。
皆に慕われ、多くの敵の心を動かしたという優しく思いやりに溢れた人柄も・・・・・・!
FE無双_シーダシーダ やはり誇張しすぎなような・・・・・・。でも、褒め言葉として受け取っておきます。
わたしからすると、あなたの武勇も、装備の管理や偵察までもこなす手際の良さも・・・・・・。
わたしのほうが見習いたいと思うくらいなんですけれどね。
FE無双_ティアモティアモ そ、そんな! シーダ様にそんなことを仰っていただけるなんて、感激です・・・・・・!
そうだ、シーダ様。あなたなら、伝説のあの技をご存じではありませんか?
FE無双_シーダシーダ 伝説の技・・・・・・? どんなものなのでしょう。
FE無双_ティアモティアモ マルス様やシーダ様の時代に、美しいペガサスナイトの三姉妹がいたんですよね。
その三姉妹には、三位一体の必殺技があって、それは勇ましく麗しく・・・・・・。
そして本当に強力だったと伝わっているんです。
FE無双_シーダシーダ それってもしかして、マケドニア王国白騎士団の天馬騎士の・・・・・・?
FE無双_ティアモティアモ やっぱり実在したんですね! すごい、あの三人をご存じだなんて!
できることならその技、是非とも身につけたいと思うんです!
FE無双_シーダシーダ 見たことはあります。わたしも同じ時代のペガサスナイトですから。
でも、その技を受け継いだり、修行したりしたことはないんです。ごめんなさいね。
FE無双_ティアモティアモ そ、そうですか・・・・・・。こちらこそ無理を言ってすみませんでし・・・・・・。
ん? でも見たことはあるんですね!? それなら見様見真似でも・・・・・・!
FE無双_シーダシーダ どうかしら・・・・・・あの技は、三姉妹のようにとても息の合った3人にしか無理かと・・・・・・。
FE無双_ティアモティアモ それならちょうど、あたしとシーダ様とヒノカ様と、今、天馬騎士が3人いますよ!
あたしたちの息を合わせれば、もしかしたらできるかもしれません。
シーダ様、仲間のためにも、この強力な技を修得したいと思いませんか!?
FE無双_シーダシーダ それは・・・・・・! ・・・・・・考えたこともありませんでした。
そうですね。信じ合い、絆で結ばれたわたしたちに、不可能なんてないはず・・・・・・!
こんなときでも、仲間のことを考えて、ティアモさんは本当に素敵ですね。
ティアモさんのためにも、頑張ってみましょう。力を貸してくれますか?
FE無双_ティアモティアモ はい、もちろんです! シーダ様! うふふ、憧れのシーダ様とー緒に・・・・・・。
伝説の技を目指せるだなんて·····あたし、とっても幸せです!

ヒノカ

シーダ×ヒノカ
キャラクター 会話内容
FE無双_ヒノカヒノカ シーダ王女。相変わらず熱心にぺガサスの世話をしているな。
FE無双_シーダシーダ そういうヒノカさんだって、いつも天馬を可愛がってるでしよう?
FE無双_ヒノカヒノカ ははは、私にとっては大事な相棒だからな。ところで、聞きたいことがあるんだが······。
ペガサスは女性しか乗せないと聞いたのだが、本当なのか?
FE無双_シーダシーダ 確かに、清らかな心を持った乙女にしか心を許さないとされていますね。
FE無双_ヒノカヒノカ なるほど。やはり白夜の天馬とは似て非なる、繊細な聖獸なのだな······。
FE無双_シーダシーダ 天馬は、繊細ではないんですか?
FE無双_ヒノカヒノカ 少なくとも乗り手は選ばんぞ。天馬武者を志す男も少なくない。
······私は天馬のいる白夜に生まれて幸いだったのかもしれないな。
私がもしタリスに生まれていたらぺガサスになど乗れなかっただろうから。
FE無双_シーダシーダ なぜ?ヒノカさんならきっと素晴らしいペガサスナイトになれるのに。
FE無双_ヒノカヒノカ いや、私はその····シーダ王女のように、清らかな乙女という感じではないだろう?
ペガサスも、私のような者には懷いてくれないと思うんだ。
FE無双_シーダシーダ ······ふふっ。なんだ。それは杞憂にすぎないと思いますよ。
ねえ、ヒノカさん。この子を見て。
FE無双_ヒノカヒノカ ん?シーダ王女のペガサスか?
FE無双_シーダシーダ ええ。この子、ヒノカさんのこと、嫌がっていないでしょ?
近寄っても警戒しないし、きっと喜んで乗せてくれるはず。
この子は、あなたがペガサスの乗り手に相応しい女性だと感じているんです。
FE無双_ヒノカヒノカ えっ!?そ······そう、なのだろうか。
FE無双_シーダシーダ わたしも、あなたは清らかで、しなやかで、とても素敵な女性だと思いますよ。
戦場を駆ける凛々しくて美しい姿には、わたしも見惚れてしまうもの。
FE無双_ヒノカヒノカ いや······面と向かってそう言われると恥ずかしいというか、照れるというか。
FE無双_シーダシーダ あら、どうして?思ったことを、正直に言っただけなのに。
FE無双_ヒノカヒノカ ······参ったな。シーダ王女にそう言われるとそうなのかもしれないと思ってしまう。
シーダ王女の言葉には不思議な力がある。ぜひ、教えを乞いたいところだ。
FE無双_シーダシーダ ふふっ。伝えたいことを素直に伝えれば必ずわかってもらえる。それだけですよ。
FE無双_ヒノカヒノカ ふ······事もなげに言ってくれるのだな。ならば、実践あるのみか。
FE無双_シーダシーダ ええ。真っ直ぐで、美しい心を持ったあなたなら、すぐにできますよ。
FE無双_ヒノカヒノカ またそういう照れくさいことを。美しい心なんて····。
シーダ王女のような人のための言葉じやないか。
FE無双_シーダシーダ あなたにそう言われると、わたしだってそうなのかもと思ってしまいますよ?
FE無双_ヒノカヒノカ それは事実だからいいんだ。ふふっ····。
FE無双_シーダシーダ うふふっ。では、美しい心を持つ乙女同士、これからも仲良く頑張りましようね。
FE無双_ヒノカヒノカ ははは、そうだな。これからも、よろしく頼むよ。

カミラ

シーダ×カミラ
キャラクター 会話内容
FE無双_カミラカミラ 気難しいこの子も、相変わらずあなたにはよく懷くのね。
FE無双_シーダシーダ ふふ······確かに気難しいところもあるけれど、とても優しい子だと思うわ。
FE無双_カミラカミラ この子の優しさをわかってくれて、とっても嬉しいわ。
そういえば、シーダ王女はドラゴンに乗る気はないのかしら?
ずっとー緒に戦ってきて、思ったの。あなたは優れた乗り手になる才能があるわ。
FE無双_シーダシーダ あら、嬉しいわ、カミラさん。でも今の私には······この子が必要なの。
マルス様を支えるために、ずっとー緒に戦おうと、誓った仲間だから。
FE無双_カミラカミラ まあ、マルス王子と······。おふたりは本当に相思相愛ねえ。
FE無双_シーダシーダ そ、そんなこと······!だと、いいんだけど······。
それとね、この子が必要な理由はほかにもあるの。笑わず聞いてくれる?
FE無双_カミラカミラ あなたの話を笑ったりなんてしないわ。ぜひ教えてちょうだい。
FE無双_シーダシーダ わたしは王女だけど、今はマルス様たちとー緒に旅をしているの。
野営することもあって······。夜は、真っ暗闇になるでしょ······?
FE無双_カミラカミラ ええ。夜が暗いのは当たり前だわ。暗夜王国は、昼でも暗いけれど。
FE無双_シーダシーダ そうなんだけど······実は、私、真っ暗がとても怖いの······。
そういう時に、この子が側にいてくれると、安心して眠れるから······。
FE無双_カミラカミラ ふふ······素敵じやない。すっかり家族のようなものなのね。
私も、カムイやほかのきょうだいと添い寝すると、気持ちよく眠れるわ。
FE無双_シーダシーダ カミラさんのごきょうだいは、みんな、本当に仲が良いものね······。
そうだ、今度カミラさんの後ろに乗せてもらってもいいかしら?
ドラゴンの乗り心地ってどんな感じなのか、実はちょっと気になっていたの。
FE無双_カミラカミラ あら、シーダ王女のような可愛い娘なら、いっでも大欲迎よ。
FE無双_シーダシーダ 可愛いだなんて·····!カミラさんのほうが、ずっと美人だし······。
FE無双_カミラカミラ そんなことないわ。あなたはとっても魅力的な子······。
少し優しい言葉をかけるだけで、みんなあなたに夢中になるわ。
FE無双_シーダシーダ わたしは····マルス様がいてくだされば······それで······。
FE無双_カミラカミラ あらあら、ご馳走様。
その様子じや、私があなたに想いを伝えたとしても、割って入る余地はなさそうね。
FE無双_シーダシーダ ええっ!?カミラさん!?
FE無双_カミラカミラ 冗談よ。あなたがあんまり可愛いから、ちよっとからかいたくなっただけ。
FE無双_シーダシーダ もう······心臓が飛び出すかと思ったわ。
FE無双_カミラカミラ でも、そのくらい仲良くしたいというのは本当のことよ。
FE無双_シーダシーダ まあ、嬉しい······!わたしも同じ気持ちです。
生まれた世界の違うふたりが、こうして心を通わせられるなんて、本当に素敵。
FE無双_カミラカミラ ふふ······眠れない夜は私のところまで来てくれてもいいのよ?
FE無双_シーダシーダ もうカミラさんたら、またそんなこと言って!
FE無双_カミラカミラ うふふふ······。

セリカ

シーダ×セリカ
キャラクター 会話内容
FE無双_シーダシーダ 痛っ・・・・・・!
FE無双_セリカセリカ シーダ、足を痛めているのですか?
FE無双_シーダシーダ あ、セリカさん。大丈夫です、大したことはありませんから。
FE無双_セリカセリカ 歩けないほどではないんですよ。ほら・・・・・・痛っ!
FE無双_シーダシーダ もう、無理しないでください。回復しますから、じっとして・・・・・・。・・・・・・はい。痛みは抑えられたはずですが、しばらくは安静にしていてくださいね。
FE無双_セリカセリカ いえ、そういうわけにはいきません。マルスさまが前線に出る限り、わたしもー緒に出るって決めているんです!
FE無双_シーダシーダ 決めていても、ダメなものはダメです。無理しては治るものも治りませんよ?
FE無双_セリカセリカ わたしにはペガサスがいますから、少し足を痛めたくらいなら、支障はありません!
FE無双_シーダシーダ マルスのことになると、強情ですね・・・・・・。少し離れていても、役に立てる方法ならいくらでもあるでしよう?前線に必要な情報を送ったり、背後からの敵に備えたりするのも大切なことですよ。
FE無双_セリカセリカ それはもちろん、わかっています。でも・・・・・・それじゃ、嫌なんです。危ないときは、すぐに助けてあげたい。わたしの持てる力すべてで支えたいんです。勝手なことを言って、すみません・・・・・・。
FE無双_シーダシーダ いいえ、あなたの気持ちはわかります。私も、大切な人は守ってあげたいですから。
FE無双_セリカセリカ じゃあ、セリカさんにも、大切に思っている人が?
FE無双_シーダシーダ え?ええ・・・・・・でも、私の場合、彼から離れてしまって・・・・・・。自ら戦場に向かう彼の・・・・・・アルムの選択を、受け入れられなくて・・・・・・。私はいつだって彼・・・・・・アルムの無事を、神に祈ることしかできません。私もシーダのように、アルムの近くで支えてあげられたら・・・・・・。
FE無双_セリカセリカ セリカさん・・・・・・つらいでしょうね。でも、いつかはきっと・・・・・・。
FE無双_シーダシーダ ええ、いつか彼に会えたら、その時は近くで支え合えたらと思っています。・・・・・・幼い頃、短い間ですがアルムとー緒に暮らしていた時期があるんです。本当に楽しかった・・・・・・。それに、アルムが隣にいるだけで、勇気が湧いてくるんです!
FE無双_セリカセリカ そうですよね!わかります!私も同じですから!早くアルムさんと会えるといいですね!
FE無双_シーダシーダ ふふ、ありがとうございます。・・・・・・私、もうシーダを止めません。
FE無双_セリカセリカ セリカさん・・・・・・!
FE無双_シーダシーダ こうして自分を振り返ってみて、シーダの想いを理解できましたから。その代わり、怪我が完治するまでは、マルスを守るシーダを、私が支えます!私にとっては、シーダも守りたい大切な人のー人ですから、ね!
FE無双_セリカセリカ うれしい!ありがとうございます、セリカさん。わたしにとっても、セリカさんは大切です。支えてもらった分は、必ずお返ししますね!

こちらの記事もおすすめ

Leave a Reply



Be the first to comment