ファイアーエムブレム無双 - リンの絆会話まとめ

FE無双(ファイアーエムブレム無双)に登場する「リン」と各キャラクターの絆会話をまとめました。絆会話は特定のキャラクター同士で絆レベルを最大まで上げると発生する特別な会話です。

絆会話_FE無双

リアン

リン×リアン
キャラクター 会話内容
FE無双_リアンリアン リンさん、前から聞きたかったんですけど、ひとりでこの世界に来たんですよね。私たちと出会うまで、大変じゃありませんでしたか?
FE無双_リンリン 心配してくれたの?ありがと。でも全然、平気よ。一時期は、草原にひとりで暮らしてたこともあったんだから。
FE無双_リアンリアン 草原に・・・・・・ひとりで!?リンさんって、公女なんですよね?
FE無双_リンリン 一応ね。母さんは公女だったんだけど、父さんと出会って駆け落ちしたの。父さんは草原の遊牧民、ロルカ族の長だったから・・・・・・。私は草原の民として育ったのよ。自分の出生のことは知らずにね。
FE無双_リアンリアン 駆け落ちですか。想像できません・・・・・・。
FE無双_リンリン けど山賊団に襲われて、父も母も死んで・・・・・・ロルカ族はバラバラになっちゃった。それからしばらくの間、私はずっとひとりで生きていたの。
FE無双_リアンリアン そんなことが・・・・・・。立ち入ったことを聞いて、ごめんなさい。
FE無双_リンリン いいの。昔の話だから、気にしないでね。
FE無双_リアンリアン でも、リンさんが草原で暮らしてたって知って、なんだか腑に落ちました。
FE無双_リンリン 腑に落ちたって?やっぱり貴族らしくなかった?そうよね・・・・・・。
FE無双_リアンリアン ああっ、そうじゃなくてですね・・・・・・。リンさんが素敵だなって思ってたんです!私も自分を偽ったりせず、リンさんみたいに真っ直ぐ向かっていきたいなって・・・・・・。私、いつも、王女や姉として、ちゃんとやらなきゃって考えちゃうんです。それで逆に失敗しちゃったり、自分の行いは正しいのかって悩み込んじゃったり・・・・・・。
FE無双_リンリン なるほどね。私も、あなたは公女です、っていきなり言われたときには、戸惑ったわ。公女として何をするのが正しいのか、私自身が何を目指せばいいのか・・・・・・。
FE無双_リアンリアン リンさんも、私と同じような悩みを・・・・・・?
FE無双_リンリン ええ。でもね、旅をしていくうちに、大事な仲間たちと出会えたの。頼れる軍師、面白い騎士のコンビ、昔からの友達のペガサスナイト・・・・・・。リンディス傭兵団、なんて名乗っちゃってね。私が、自分の生きる道を決められたのは、全部その仲間たちのおかげよ。
FE無双_リアンリアン ・・・・・・そっか。私、わかりました。リンさんに傭兵団の仲間がいたように、私にも、たくさんの仲間がいます。だから、王女という立場からじゃなくって、仲間として、もっと頼ればいいんですよね?
FE無双_リンリン そのとおりよ!仲間には、身分も、強さや弱さも、関係ない。困ったり、悩んだりしているときは、いつだって助け合うのが仲間でしょ!
FE無双_リアンリアン ええ、そうですね・・・・・・!そんな当たり前のことが、できていなかったなんて・・・・・・。
FE無双_リンリン 何言ってるのよ。もう、あなたはできているじゃない。今こうして、私を頼ってくれてるでしょ?仲間として、これ以上嬉しいことはないわ。
FE無双_リアンリアン ・・・・・・ありがとうございます。リンさんは、私の、大切な仲間です!
FE無双_リンリン 私にとっても、あなたは大切な仲間よ。何があっても・・・・・・これからも、ずっと!

アンナ

リン×アンナ
キャラクター 会話内容
FE無双_リンリン ねえ、アンナ。あなたとは不思議な縁よね?
FE無双_アンナアンナ え? そうかしら。
FE無双_リンリン だって、この世界に来てから、知っている顔はあなただけだったのよ?
元の世界では、特別親しくしていたわけでもないのに・・・・・・。
FE無双_アンナアンナ あ・・・・・・。リン、今さら言いにくいんだけど・・・・・・。
あなたの世界にも、アンナはいたのよね。
FE無双_リンリン え、ええ? 当たり前じゃない、何を言ってるの?
FE無双_アンナアンナ そのアンナと、私は、その・・・・・・別人なの。
FE無双_リンリン 別人・・・・・・? どっ、どういうこと? え? えええーっ!? そ、そうだったの?
だって、見た目も名前もそっくりだから、私、てっきりバドンにいたアンナだと・・・・・・。
FE無双_アンナアンナ バドン? そういう名前の町にいたのね。
FE無双_リンリン ええ、港町なんだけど・・・・・・。そこの酒場に、あなたとそっくりのアンナがいたの。
彼女とは、そんなに話したわけじゃないけど確か、恋人は海賊だったはずよ。
FE無双_アンナアンナ ヘえ、酒場の看板娘だったのかしら? 海賊が恋人だなんて、やるわね・・・・・・。
FE無双_リンリン ・・・・・・あれ? でも、よく思い出してみると、闘技場とか、他の場所にもいたような・・・・・・。
FE無双_アンナアンナ それはきっと、また別のアンナね。私たちはいろんな場所で暮らしているから。
この世界にだって、私以外のアンナが何人かいるのよ。
FE無双_リンリン うそ・・・・・・全然、気づかなかった!
FE無双_アンナアンナ 無理もないわ。私たちはそっくりだから、見分けられる人なんて、そうはいないもの。
FE無双_リンリン そ、そうだったのね・・・・・・。驚いたわ。何かおかしいとは思ってたんだけど・・・・・・。
FE無双_アンナアンナ ごめんなさい、混乱させてしまって。全アンナを代表して謝罪します・・・・・・。
FE無双_リンリン 謝罪だなんて、いいのよ、そんな。私が勝手に勘違いしていただけだから。
それに、今ここにいるアンナが私の仲間であることは間違いないんだし。
FE無双_アンナアンナ 本当に、そんなふうに思ってくれるの?
FE無双_リンリン 当然だわ。アンナが何人いたとしても、仲間と呼ベるのは、あなただけだわ。
今まで、あなたとは何度も戦場を共にして助け合いながら戦ってきたでしょう?
たくさんのアンナにお世話になったけど、あなたは、私にとって特別な存在・・・・・・。
そう、特別なアンナなのよ。
FE無双_アンナアンナ 特別なアンナ・・・・・・。う、うれしい! なんて素敵な響きなの!?
なんだか初めて自分が認められた気がする! リン、本当にありがとう!
あ、もちろん私にとってもリンは特別よ? こうしてー緒に戦えて、仲良くなれて・・・・・・。
こんなことって初めてだから、たぶん私、一生忘れられないと思う。
FE無双_リンリン そう言ってもらえると、私もうれしいわ。これからも頼りにさせてもらうわね!
FE無双_アンナアンナ ええ、任せて! お互いに支え合って頑張りましょう!

マルス

リン×マルス
キャラクター 会話内容
FE無双_リンリン マルスって、絵に描いたような王子様よね。白馬に跨ってそう。
FE無双_マルスマルス 突然どうしたんだ、リンディス?
FE無双_リンリン あ、全然悪い意味じゃないからね。ただ、振る舞いが立派だなあって思って。
どうしても自分と比ベてしまうのよね。私って、草原育ちだから。
公女とは名ぱかりで、責族らしさのかけらもないじゃない?
FE無双_マルスマルス そうは思わないけど・・・・・・、もしそうだとしても、気にする必要はないよ。
リンディスは、人の上に立つ者としての資質を立派に備えているから。
FE無双_リンリン ほんとに? 正直に言っていいのよ。
FE無双_マルスマルス 君には、誰にも負けない意志の強さや弱者の気持ちを思いやる優しさがある。
それらは、見かけの礼儀作法なんかより、よっぽど大切なものだと思うよ。
FE無双_リンリン ・・・・・・ありがとう。マルスに言われると、すごく心強い。
FE無双_マルスマルス 君の父君は、立派な長だったんだろう? その資質を、君も譲り受けたんだろうね。
FE無双_リンリン そうだったら、嬉しいな・・・・・・。
後は、母さんのおしとやかさや美しさも、譲り受けていたら文句なしだったのにね!
FE無双_マルスマルス おしとやかさとは違うかもしれないけど、リンディスも美しいと思う。
君の戦う姿は、草原を吹き渡る風のようで、まるで美しい舞を見ているようだよ。
FE無双_リンリン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
FE無双_マルスマルス リンディス? 気を悪くしたなら、すまない。
FE無双_リンリン ううん、してないから大丈夫! ちょっとびっくりしたの。
私の、大切な仲間のひとりと、同じようなことを言うものだから。
FE無双_マルスマルス よかった。その仲間というのは、元の世界の・・・・・・?
FE無双_リンリン ええ、エリウッドっていうの。貴族なんだけど、思いやりがある人で・・・・・・。
身分の怪しい私を最初から信じてくれて、いろいろ助けてくれた恩人なのよ。
私は貴族があんまり好きじゃなかったけどエリウッドと知り合って変わったわ。
FE無双_マルスマルス たぶん彼も、リンディスと出会ってすぐに君が持つ魅力に気付いたんだと思うよ。
仲間になれば、なおさら強く感じられる。君を美しいと言ったのも本心からだ。
ぼくも、その人も、君を大切な仲間だと思うからこそ、出た言葉なんじゃないかな。
FE無双_リンリン 照れくさいことを、さらっと言うのね!
・・・・・・あなたがたくさんの仲間に慕われているのも、わかる気がする。
ねえ、マルス。私、あなたを目標にしていいかしら。
やっぱり貴族らしい振る舞いも身につけなきゃいけないし・・・・・・。
何より、自分のためじゃない、仲間のために振るうその剣を、私は目指したい。
FE無双_マルスマルス 突然だね。・・・・・・それなら、ぼくも君を目標にしてもいいかな。
君の剣はしなやかで力強いし、その自由で強靱な意思を、ぼくは尊敬しているから。
FE無双_リンリン ・・・・・・いいわよ。それじゃ、これからはお互いを目標にして頑張りましょ?
FE無双_マルスマルス うん。共に戦い、共に強くなろう。これからもよろしく・・・・・・リンディス。

チキ

リン×チキ
キャラクター 会話内容
FE無双_チキチキ リン!何してるの?お空に何かいる?
FE無双_リンリン ううん、そうじやなくて。ここからは見えない草原を思っていたのよ。
FE無双_チキチキ チキ、持ちあげようか?お空を飛んだら、すごく遠くまで見えるよ?
FE無双_リンリン ありがとう。でも、飛んでも見えないの。私が思いを馳せてたのは、元の世界の、故郷の、草原のことだから・・・・・・。
FE無双_チキチキ そっか・・・・・・。ごめんね。そこまでは飛んでも見えないかも。
FE無双_リンリン いいのよ!その気持ちだけで十分。チキは良い子ね。
FE無双_チキチキ えヘヘ。リンにほめられて、うれしい!
FE無双_リンリン ・・・・・・チキは、マムクート、というんだっけ。不思議な種族だね。私の世界にも、竜族はいるけど、チキとは、少し違うみたい。
FE無双_チキチキ !リンの世界にも、マムクートがいるの?どんな人!?
FE無双_リンリン 私が知っているのはね、ニニアンとニルスっていう姉弟なの。氷竜に変身できて、未来を見通す不思議な力を持ったふたり・・・・・・。仲の良い友達でね、私も仲聞も、ふたりには何度も助けられたわ。
FE無双_チキチキ ふたりは、竜石っていうの、持ってなかった?チキたち、マムクートが変身するには、竜石が必要なの。
FE無双_リンリン へえ・・・・・・。そういえば、ニルスも竜石を持ってたって言ってた!それじやあ、ニニアンとニルスと、チキは、同じマムクートなのかもね!
FE無双_チキチキ うん、ちがう世界にいるけど、おんなじ仲間なのかも・・・・・・!わたし、ニニアンとニルスと・・・・・・ともだちになりたいな。チキには、おじいちゃまはいるけど、ともだちのマムクートはいないの。マムクートは、人よりずーっと長生きでしょ?だから・・・・・・。
FE無双_リンリン そっか、私たちが死んでも、チキたちはずーっと生きてるのよね。寂しくならないように、長生きの友達が欲しいのも当たり前よね!わかった、チキにふたりを紹介してあげる。ふたりもチキのこと、必ず気に入るわ!
FE無双_チキチキ やったあ!いっか、ぜったいに、ふたりに会いにいくからね!
FE無双_リンリン それに、私にも会いにきてよね。私たちだって、絆で結ばれた友達でしょ?
FE無双_チキチキ うん!チキ、リンとともだちになれて、とってもしあわせ!マムクートのちからで、リンを助けてあげるね!えっヘん!
FE無双_リンリン もういっぱい助けてもらってるわよ?いつもありがとう、チキ!
FE無双_チキチキ わたしも、リンにいっぱい助けられてるよ!ありがとう・・・・・・。
FE無双_リンリン うん!これからも、助け合っていこうね!

ルフレ(男)

リン×ルフレ(男)
キャラクター 会話内容
FE無双_リンリン ルフレ、怪我はない?ふう・・・・・・無傷みたいね。
FE無双_ルフレ(男)ルフレ(男) おかげさまでね。リン、そんなに心配しなくて大丈夫だよ。軍師ってだけで頼りなく見えるのかもしれないけど・・・・・・。これでも戦場にはいつも出ているし、自分の身くらいは守って戦えるよ。
FE無双_リンリン あ、ごめん。そうだね。ついルフレのことを守らなきゃって気になっちゃうの。
FE無双_ルフレ(男)ルフレ(男) やっぱり守ってくれてたんだ?僕を気遣ったり、僕のほうに来る敵を食い止めたりしてくれてたよね。何か理由があるのかい?
FE無双_リンリン もう完全に癖ね。元の世界では、いつも軍師をそばにおいて守りながら戦っていたから。そういう戦い方が染みついてるみたい。
FE無双_ルフレ(男)ルフレ(男) ヘえ・・・・・・。リンの仲間にも、軍師がいるんだね。
FE無双_リンリン ええ、あなたにも勝るとも劣らない、素晴らしい軍師がいる。しかも、雰囲気もどことなくあなたに似てるのよね。
FE無双_ルフレ(男)ルフレ(男) 僕に似ている、か。ちょっと会ってみたいな。優秀な軍師なら、それこそ戦術論を戦わせたり、新しい策の話をしたり・・・・・・。
FE無双_リンリン そうね、是非とも会わせたいところだけど、私の仲間の軍師は相当に無口なの。うまく話ができるかは、正直わからないわね。
FE無双_ルフレ(男)ルフレ(男) そんなにか・・・・・・。リンとは、ちゃんと話をするんだよね?
FE無双_リンリン ええ、もちろん。でも無口な人だから・・・・・・。いちいち口に出さずに、みんながどこにどう動けぱ良いか示すこともあったわ。
FE無双_ルフレ(男)ルフレ(男) ええ!?どうやって?
FE無双_リンリン それが、何となくわかるの。見えない矢印でもあるんじゃないかってくらい。
FE無双_ルフレ(男)ルフレ(男) 以心伝心というやつなのかな・・・・・・。実は物凄い軍師なんじゃないか?
FE無双_リンリン どうだろう、わからない。でも、軍師は見習いらしいわ。
FE無双_ルフレ(男)ルフレ(男) 不思議な人だね。でもなぜだか、その軍師が他人には思えなくなってきたよ。
FE無双_リンリン そうでしょ?だからあなたのこともどうしても守りたくなるのよね。ルフレ、悪いけど戦場では私に守らせて。そのほうが落ち着くのよ、お願い!
FE無双_ルフレ(男)ルフレ(男) うーん・・・・・・。リンにそこまで頼まれちゃ、仕方ないね。でも、僕だって、ただ君に守られてるわけにはいかないな。以心伝心で指示するその人みたいに、いや、それ以上に、立派な軍師になってみせるよ!
FE無双_リンリン ええ、あなたなら、きっとなれるわ!私が保証する!でも、あなたがどんな立派な軍師になってもその背中はしっかり私に預けてもらうわよ?
FE無双_ルフレ(男)ルフレ(男) もちろん、これからもよろしくね!頼りにしてるよ、リン!
FE無双_リンリン ええ、任せてちょうだい!ルフレ、これからもよろしく!

ルフレ(女)

リン×ルフレ(女)
キャラクター 会話内容
FE無双_リンリン ルフレ、怪我はない?ふう・・・・・・無傷みたいね。
FE無双_ルフレ(女)ルフレ(女) リンさんのおかげです。でも、そんなに心配しなくて大丈夫ですよ。軍師ってだけで頼りなく見えるのかもしれませんが・・・・・・。これでも戦場にはいつも出ているし、自分の身くらいは守って戦えるんです。
FE無双_リンリン あ、ごめん。そうだね。ついルフレのことを守らなきゃって気になっちゃうの。
FE無双_ルフレ(女)ルフレ(女) やっぱり守ってくれてたんですか?私を気遣ったり、私のほうに来る敵を食い止めたりしてくれてましたよね。何か理由があるんでしょうか?
FE無双_リンリン もう完全に癖ね。元の世界では、いつも軍師をそばにおいて守りながら戦っていたから。そういう戦い方が染みついてるみたい。
FE無双_ルフレ(女)ルフレ(女) ヘえ・・・・・・。リンさんの仲間にも、軍師がいるんですね。
FE無双_リンリン ええ、あなたにも勝るとも劣らない、素晴らしい軍師がいる。しかも、雰囲気もどことなくあなたに似てるのよね。
FE無双_ルフレ(女)ルフレ(女) 私に似ているんですか。ちょっと会ってみたいですね。優秀な軍師なら、それこそ戦術論を戦わせたり、新しい策の話をしたり・・・・・・。
FE無双_リンリン そうね、是非とも会わせたいところだけど、私の仲間の軍師は相当に無口なの。うまく話ができるかは、正直わからないわね。
FE無双_ルフレ(女)ルフレ(女) そんなにですか・・・・・・。リンさんとは、ちゃんと話をするんですよね?
FE無双_リンリン ええ、もちろん。でも無口な人だから・・・・・・。いちいち口に出さずに、みんながどこにどう動けぱ良いか示すこともあったわ。
FE無双_ルフレ(女)ルフレ(女) ええ!?どうやって、ですか?
FE無双_リンリン それが、何となくわかるの。見えない矢印でもあるんじゃないかってくらい。
FE無双_ルフレ(女)ルフレ(女) 以心伝心というのでしょうか・・・・・・。実は物凄い軍師なのでは?
FE無双_リンリン どうだろう、わからない。でも、軍師は見習いらしいわ。
FE無双_ルフレ(女)ルフレ(女) 不思議な人ですね。けれど、なぜだかその軍師が他人には思えなくなってきました。
FE無双_リンリン そうでしょ?だからあなたのこともどうしても守りたくなるのよね。ルフレ、悪いけど戦場では私に守らせて。そのほうが落ち着くのよ、お願い!
FE無双_ルフレ(女)ルフレ(女) うーん・・・・・・。リンさんにそこまで頼まれては、仕方ないですね。でも、私だって、ただあなたに守られてるわけにはいきませんよ。以心伝心で指示するその人みたいに、いや、それ以上に、立派な軍師になってみせますよ!
FE無双_リンリン ええ、あなたなら、きっとなれるわ!私が保証する!でも、あなたがどんな立派な軍師になってもその背中はしっかり私に預けてもらうわよ?
FE無双_ルフレ(女)ルフレ(女) もちろん、よろしくお願いしますね!頼りにしていますよ、リンさん!
FE無双_リンリン ええ、任せてちょうだい!ルフレ、これからもよろしく!

クロム

リン×クロム
キャラクター 会話内容
FE無双_リンリン クロム、ちょっといい?さっきの戦い、敵陣に突っ込み過ぎじゃなかった?
FE無双_クロムクロム そうか?確かに前に出ていた気はするが、危ないような場面はなかったぞ,
FE無双_リンリン ・・・・・・あなた、この前の戦いのとき、私に何て言ったか覚えてる?リン、ちょっと前に出過ぎじゃないか?危ないぞ。・・・・・・って言ったのよ!まさか、忘れたの!?
FE無双_クロムクロム そういえば、そんなことを言ったかもしれん。
FE無双_リンリン そういえば、じゃないわよ。どうして私はダメであなたはいいわけ?女だからって危ないって言う気?
FE無双_クロムクロム いや、違う。男だの女だのは関係ない。ただ俺は乱戦に慣れているし、この腕なら多少の孤立でも・・・・・・。
FE無双_リンリン そう、そういうこと。クロムは私の力量をそう判断しているわけね・・・・・・。あなたといい、ヘクトルといい、男の人っていうのは、いつもいつも・・・・・・!
FE無双_クロムクロム おい・・・・・・リン。何だか目がすわってないか・・・・・・?
FE無双_リンリン 決闘を申し込むわ!見てなさい!後でその言葉、後悔させてあげる!
FE無双_クロムクロム おい・・・・・・わかった、受けよう。だが俺が勝ったら、先陣は俺が切る。お前は出過ぎないでくれ。
FE無双_リンリン そっちこそ、私が勝ったら、戦場では引っ込んでるのよ!私が前に出るからね!さあ、叩きのめしてあげる!
FE無双_クロムクロム くっ・・・・・・はぁっ・・・・・・。思った以上にやるな、リン。
FE無双_リンリン あなたこそ・・・・・・。はあ・・・・・・はあ・・・・・・。私と互角だなんて、思ってなかったわ。
FE無双_クロムクロム 悔しいが、引き分けか・・・・・・。もっと鍛えて、次こそリンを上回ってみせる。
FE無双_リンリン 望むところよ。私だって、あなたを倒す新しい形を探してやるわ。それはそうと、引き分けなら、勝負に勝ったら前に出るって話はどうするの?
FE無双_クロムクロム そういえば、そういう話だったな。勝負に夢中で忘れていた。それだけの腕があれば、俺が止めるべくもないだろう。好きにすればいい。
FE無双_リンリン 引き分けたのに、私だけ好きにするわけにもいかないわ。あなたも好きにしてほしい。
FE無双_クロムクロム そうすると、俺とお前で先陣を争うことになりそうだな・・・・・・。
FE無双_リンリン いっそのこと、ふたり並んで敵陣に突っ込んでいっちゃえばいいんじゃない?私たちが並び立てば、道を塞ぐことのできる敵なんて、絶対いないもの!
FE無双_クロムクロム ふっ・・・・・・それはいいな。どんなに強い者でも、ひとりで罠にはまったり、敵に囲まれたりしては厳しい。リンにも、そういうことが起こらないか心配だったんだが、共にいれば安心だ。
FE無双_リンリン そんなの、あなただって同じじゃない。だから、突っ込み過ぎって心配したのに。
FE無双_クロムクロム 俺たちは同じことを考えていたんだな。ならば、もう遠慮はいらないか。リン、次の戦いでは、共に先陣を切るぞ!
FE無双_リンリン ええ、もちろん!ふたりで連携して、もっと多くの敵を蹴散らしてやりましょ!

カムイ(男)

リン×カムイ(男)
キャラクター 会話内容
FE無双_カムイ(男)カムイ(男) ねえ、リン。君の剣技は、不思議だよね。
FE無双_リンリン そう? 何が不思議なの?
FE無双_カムイ(男)カムイ(男) 見たこともない動きというか。暗夜よりは、白夜の剣術に近いのかな。
FE無双_リンリン どっちかって言えば、そうかしら。これは、草原の民に伝わる剣技なの。
私は草原の民だから。父が、ロルカ族という部族の長だったのよ。
FE無双_カムイ(男)カムイ(男) 草原の民?
FE無双_リンリン ええ、遊牧民とも言うわね。草原を移動しながら暮らしているの。
FE無双_カムイ(男)カムイ(男) 移動しながら・・・・・・? じゃあ、家はどうするの?
FE無双_リンリン 必要ないのよ。ゲルという、持ち運びできる大きな天幕のようなものが家代わり。
季節の移り変わりに合わせて、水や食ベ物、安全な場所を求めながら移動するの。
FE無双_カムイ(男)カムイ(男) 旅とも、違うんだろうね。どんな生活を送っていたのか、正直、想像もつかないよ!
リンの暮らしていた草原は、どんなところなんだい? 広さは?
FE無双_リンリン そうね・・・・・・私の故郷は、サカ草原といって、大陸でー番広い、大草原なの。
どこまでも広がる空と、風渡る草の海が、目の前にあって、果てが見えない。
FE無双_カムイ(男)カムイ(男) 終わりが見えないほどの、大草原、か。きっと、絶景なんだろうね・・・・・・!
FE無双_リンリン それはもう! カムイにも見せてあげたいわ。
それに、緑の草原を枕に寝転がったり、馬を駆ってどこまでも行ったり・・・・・・!
大地とひとつになる感覚は、他の何ものにも代えがたいの。
FE無双_カムイ(男)カムイ(男) すごい・・・・・・。聞いているだけで、わくわくしてきたよ。
リンの生まれ育った草原・・・・・・ひと目だけでも、見てみたいな。
僕は、物心ついた頃からずっと、城塞の中で暮らしてたから・・・・・・。
広い景色や雄大な自然を、あまり見たことがないんだ。
FE無双_リンリン 城塞の中で・・・・・・? 外には出られなかったの?
FE無双_カムイ(男)カムイ(男) うん・・・・・・。だから、外の世界にずっと憧れてたんだ。
FE無双_リンリン 何それ、信じられない! 私だったら、息が詰まって死んじゃうわ!
FE無双_カムイ(男)カムイ(男) でも、暗夜のきょうだいたちや世話をしてくれるみんながいて・・・・・・。
さみしくはなかったし、楽しく暮らしていたんだよ。
それに、今は見るものすベてを新鮮に楽しめてるわけだから・・・・・・。
その点に関しては得だと思ってる。
FE無双_リンリン ・・・・・・カムイは前向きで、立派ね。ちょっと優しすぎる気もするけど。
FE無双_カムイ(男)カムイ(男) そうかな。僕よりもリンのほうが優しいと思うよ。
FE無双_リンリン ・・・・・・決めたわ。この戦いが終わったら、私、あなたを草原に連れていく。
他でもないあなたに、私の生まれ育った草原を、感じてほしいから。
FE無双_カムイ(男)カムイ(男) 本当かい? 嬉しいよ・・・・・・!
FE無双_リンリン 方法を考えなきゃいけないけど・・・・・・、ここに私がいるんだもの。できるはずよ。
FE無双_カムイ(男)カムイ(男) うん、そうだね。力を合わせれば、できないことなんてない!
リン・・・・・・。必ずー緒に見つけようね!
FE無双_リンリン ええ! 母なる大地と父なる空が・・・・・・きっと、私たちに力を貸してくれる。

カムイ(女)

リン×カムイ(女)
キャラクター 会話内容
FE無双_カムイ(女)カムイ(女) ねえ、リンさん。あなたの剣技って、不思議ですよね。
FE無双_リンリン そう? 何が不思議なの?
FE無双_カムイ(女)カムイ(女) 見たこともない動きというか。暗夜よりは、白夜の剣術に近いのでしょうか。
FE無双_リンリン どっちかって言えば、そうかしら。
これは、草原の民に伝わる剣技なの。
私は草原の民だから。父が、ロルカ族という部族の長だったのよ。
FE無双_カムイ(女)カムイ(女) 草原の民、ですか。
FE無双_リンリン ええ、遊牧民とも言うわね。草原を移動しながら暮らしているの。
FE無双_カムイ(女)カムイ(女) 移動しながら・・・・・・? じゃあ、家はどうするんですか?
FE無双_リンリン 必要ないのよ。ゲルという、持ち運びできる大きな天幕のようなものが家代わり。
季節の移り変わりに合わせて、水や食ベ物、安全な場所を求めながら移動するの。
FE無双_カムイ(女)カムイ(女) 旅とも、違うんでしょうね。どんな生活を送っていたのか、正直、想像もつきません!
リンさんの暮らしていた草原は、どんなところなんですか? 広さは?
FE無双_リンリン そうね・・・・・・私の故郷は、サカ草原といって、大陸でー番広い、大草原なの。
どこまでも広がる空と、風渡る草の海が、目の前にあって、果てが見えない。
FE無双_カムイ(女)カムイ(女) 終わりが見えないほどの、大草原、ですか。きっと、絶景なんでしょうね・・・・・・!
FE無双_リンリン それはもう! カムイにも見せてあげたいわ。
それに、緑の草原を枕に寝転がったり、馬を駆ってどこまでも行ったり・・・・・・!
大地とひとつになる感覚は、他の何ものにも代えがたいの。
FE無双_カムイ(女)カムイ(女) すごいです・・・・・・。聞いているだけで、わくわくしてきました。
リンさんの生まれ育った草原・・・・・・ひと目だけでも、見てみたいです。
私は、物心ついた頃からずっと、城塞の中で暮らしていましたから・・・・・・。
広い景色や雄大な自然を、あまり見たことがないんです。
FE無双_リンリン 城塞の中で・・・・・・? 外には出られなかったの?
FE無双_カムイ(女)カムイ(女) はい・・・・・・。だから、外の世界にずっと憧れていました。
FE無双_リンリン 何それ、信じられない! 私だったら、息が詰まって死んじゃうわ!
FE無双_カムイ(女)カムイ(女) でも、暗夜のきょうだいたちやお世話をしてくださる皆さんがいて・・・・・・。
さみしくはありませんでしたし、楽しく暮らしていたんですよ。
それに、今は見るものすベてを新鮮に楽しめているので・・・・・・。
その点に関しては得だと思っています。
FE無双_リンリン ・・・・・・カムイは前向きで、立派ね。ちょっと優しすぎる気もするけど。
FE無双_カムイ(女)カムイ(女) そうでしょうか。私よりもリンさんのほうが優しいと思いますよ。
FE無双_リンリン ・・・・・・決めたわ。この戦いが終わったら、私、あなたを草原に連れていく。
他でもないあなたに、私の生まれ育った草原を、感じてほしいから。
FE無双_カムイ(女)カムイ(女) 本当ですか? 嬉しいです・・・・・・!
FE無双_リンリン 方法を考えなきゃいけないけど・・・・・・、ここに私がいるんだもの。できるはずよ。
FE無双_カムイ(女)カムイ(女) そうですね。力を合わせれば、できないことはありません!
リンさん・・・・・・。必ずー緒に見つけましょう!
FE無双_リンリン ええ! 母なる大地と父なる空が・・・・・・きっと、私たちに力を貸してくれる。

タクミ

リン×タクミ
キャラクター 会話内容
FE無双_リンリン タクミ!また無茶をしたわね!どうして危ないことぼかりするの?
FE無双_タクミタクミ また、リンディスか······。強くなるためだよ。
そのためには、危険な状況に身を置いて闘うことは必要だろ?
FE無双_リンリン それで死んだら元も子もないじゃない。
あなたのきょうだいたちだって、あなたが傷つくことなんて望んでないわ。
FE無双_タクミタクミ 僕は、きょうだいに認められるためにも、強くならなくちゃいけないんだ。
強くならなきゃ、僕が傷ついたって、きっと気にも留めてくれないよ······。
FE無双_リンリン 本気で言っているの······?
FE無双_タクミタクミ リンディス······?
FE無双_リンリン そんなわけないでしよ‼あなた、家族を何だと思ってるのよ!?
FE無双_タクミタクミ いや、その······。
FE無双_リンリン あなたが傷ついて、リョウマたちが、悲しまないわけないわ!
ましてや死んだりなんかしたら、永遠に悲しみ続けることになるのよ!
FE無双_タクミタクミ そんなことわからないだろ。僕が死んだって兄さんたちにはカムイが······。
FE無双_リンリン あなたは、あなたしかいないの。代わりなんて存在しない。
リョウマが死んだら、あなたはほかの誰かをリョウマのように慕えるの?
FE無双_タクミタクミ そんなこと、できるわけないだろ!リョウマ兄さんに、代わりなんていない!!
FE無双_リンリン だったら、どうしてリョウマにとって、あなたもそういう存在だって思わないの!?
FE無双_タクミタクミ ······!でも、僕は強くないから······。
FE無双_リンリン 強さなんて関係ない!
······私の大事な仲間のひとりにね、フロリーナっていう子がいるの。
彼女は天馬騎士なんだけど、男が苦手で、すごい気が弱くて、いつも失敗ばかり······。
私を守る立場だけど、私が守ってあげることのほうが多いくらいなのよ。
FE無双_タクミタクミ 守られるはずの人を守ってばかり······か。それでも、リンディスは構わないのか?
FE無双_リンリン 彼女は私にとって、かけがえのない友連だしずっとー緒にいたいって思ってる。
そこには強さなんて関係ないわ。家族だったら、なおさらよ。
サクラはあなたより弱いと思うけど、あなたはどうでもいいって思ってるの?
FE無双_タクミタクミ いや、絶対にそんなことはない。サクラは大切な妹だ······!
FE無双_リンリン リョウマも、ヒノカも、カムイも······、あなたに同じことを思ってるよ。
FE無双_タクミタクミ ·····そうか。癲だけど、あんたに気づかされたよ。
僕は······甘えてばかりだった。自分のことも、きょうだいのことも······。
FE無双_リンリン よかった······嬉しいわ。タクミのことが本当に心配だったんだから。
きょうだいだけじゃなく、私にとっても、あなたはとても大事な存在なのよ。
FE無双_タクミタクミ ······だったら、僕が無茶したときは、リンディスが守ってくれよ。
だけど、いつまでも守られてたりはしないからな。
あんたより強くなって、無茶するあんたを逆に守ってやる。
FE無双_リンリン ふふ······頼もしいわね!その時を楽しみにしてるわ!

マークス

リン×マークス
キャラクター 会話内容
FE無双_リンリン ··················。
FE無双_マークスマークス リンディス、私の顏に何かついているか?
FE無双_リンリン あ、ごめん。全然そういうんじゃないの。
マークスの姿を見てたら、仲聞の騎士たちのことを思い出してね。
FE無双_マークスマークス リンディスがいた世界の仲間か。
FE無双_リンリン うん······じろじろ見ちやって、王子様相手に失礼だったかな。
FE無双_マークスマークス いや、気にする必要はない。仲間の騎士とやらは、どんな者たちなんだ?
FE無双_リンリン うーんと、私の家に仕える若い騎士でね、ケントとセインっていう二人組なの。
ケントはすっごく真面目で、私のためならどんな苦労も厭わず働いてくれる。
夜営のときはいつも、間違いがないようにって、ずっと私の寝床を見張っているのよ。
FE無双_マークスマークス ほう······見上げた忠義心だ。リンディスには素晴らしい臣下がいるのだな。
その騎士の勤勉さを、私の臣下たちにも分けてほしいくらいだ。
FE無双_リンリン もうひとりのセインって人は············。想像したら、急に心配になってきた。
悪い人ではないんだけどね、その、ちよっと、手が早いというか······。
FE無双_マークスマークス 要するに、女性をナンパするということだな。
FE無双_リンリン そうなの!初めて会ったときなんか、騎士の任務を忘れて、私をナンパしたのよ!
私の友達でも、道行く人でも、お構いなし!ちよっと美人だとすぐ声をかけて······。
FE無双_マークスマークス まったくどういうっもりなのか······。私の臣下にもそういう男がー人いる。
FE無双_リンリン マークスのところにも?
FE無双_マークスマークス ああ、内勤を命じても放り出してナンパ。城下町の見回り中にも隙を見てナンパ!
平穏を保つための見回りが、奴が行くとむしろ民から城に苦情が来る始末だ······!
······おっと、すまん。私としたことが、少し取り乱してしまったな。
FE無双_リンリン いいのよ、その気持ち凄くよくわかるわ!あなたと私にも面白い共通点があるのね。
それに、マークスが取り乱すところが見られて、ちょっと得しちゃった気分だわ。
FE無双_マークスマークス ······ふっ。表情が柔らかくなったな。
気分転換になったのであれば、図らずも怒った甲斐があったものだ。
FE無双_リンリン マークス···もしかして気遣ってくれたの?
FE無双_マークスマークス リンディスはたまに、故都に想いを馳せるような表情を見せるからな。
お前はひとりでこの世界に来たのだ。仲間が恋しくなることもあるだろう。
FE無双_リンリン ありがとう、マークス。とっても嬉しい!
確かに、いつもの仲問がいないと寂しいなって思うこともあるの。
ずっとー緒にやってきた仲間たちとの絆······こっちの世界に来て、改めて強く感じるわ。
FE無双_マークスマークス 私にとっても、元の世界の臣下たちは、かけがえのない仲間だ。
何かと言いたいことはあるが······、こうして世界を隔てられると、寂しさが先に来るな。
FE無双_リンリン でも、今の私は、幸せよ。元の世界の絆だけじやない······。
マークスたちとの絆だって、強く感じられるんだもの。
FE無双_マークスマークス ああ、世界を越える強い絆······、私も確かに感じているそリンディス。

セリカ

リン×セリカ
キャラクター 会話内容
FE無双_リンリン ねえ、セリカ。これだけ親しくなったのに、まだ、私に遠慮していないかしら?
FE無双_セリカセリカ 遠慮?そんなつもりはないけれど・・・・・・。
FE無双_リンリン 今だって、ひとりで退屈してたでしよう?それなら私を呼んでくれたらいいのに。
FE無双_セリカセリカ ふふ、ありがとう。でも退屈だからって用もなく呼び出したら迷惑でしよう。
FE無双_リンリン 友だちってそういうものよ?セリカは王女様だから慣れてないのかしら。
FE無双_セリカセリカ そんなことないわ。私だって、村や修道院にたくさん友達がいたもの。それに、私が王女様だって言うなら、リンディスだって公女様じやない。
FE無双_リンリン そうだけど、私は草原で育ったでしよう?公女様だなんて呼ばれるとくすぐったいわ。
FE無双_セリカセリカ 私だって、ずっと修道院で暮らしていたの。お城で過ごしたのは子供の頃だけよ。
FE無双_リンリン ヘえ、そうなんだ!じやあ私たちは境遇も似ているのね。
FE無双_セリカセリカ でも、あなたは自分が公女であることを知らずに育ったのよね?私は・・・・・・自分が王女であることを最初から知っていたわ。
FE無双_リンリン それなのに、お城には戻らなかったの?
FE無双_セリカセリカ 戻れば、殺されていたわ。私はある人に助けられてお城を出たの。そして、クーデターが起こって・・・・・・。私以外の王族は皆、殺されてしまったわ。・・・・・・私は、王女になんて生まれたくなかったの。生き残りの王女なんて、争いの種になるだけだわ。
FE無双_リンリン セリカ・・・・・・私も大切な家族を殺されたからあなたの気持ちはわかるつもりよ。だけど私は、自分の血筋がわかったことで生きる目的ができたし、祖父にも会えた。支えてくれる友人もいたしね。それは、とても幸せなことだったと思う。あなたにだって、そういう大切な人がいるはずよ。
FE無双_セリカセリカ 大切な人・・・・・・ええ、いるわ。
FE無双_リンリン あなたがもし王女として生まれていなければその人とは出会えなかったかもしれない。だから、自分の生い立ちを否定しなくても、私はいいと思うの。
FE無双_セリカセリカ ええ・・・・・・。
FE無双_リンリン だって、私が公女だろうと草原の民だろうとおじいさまは、おじいさまだもの。そういう大切な人たちのために、何ができるかってことが大事なんだと思う。
FE無双_セリカセリカ リンディス・・・・・・。ありがとう。私、身分のことを気にし過ぎていたのね。そのせいで、大切な人につらい思いをさせてしまった・・・・・・。自分が何をするべきなのかってこと、本当はわかっていたはずなのに・・・・・・。これからは、ありのままの自分を受け入れて大切な人のために何ができるか考えるわ。もちろん、その大切な人には、リンディス、あなたも含まれているのよ?
FE無双_リンリン 私だって!あなたはもう、私にとってかけがえのない友人だと思っているわ。だから・・・・・・ひとりで退屈してるくらいなら、すぐに私を呼ぶのよ?いいわね?
FE無双_セリカセリカ ふふ、そこに戻るのね。ありがとう、リンディス。

こちらの記事もおすすめ

Leave a Reply



Be the first to comment