ファイアーエムブレム無双 - マルスの絆会話まとめ

FE無双(ファイアーエムブレム無双)に登場する「マルス」と各キャラクターの絆会話をまとめました。絆会話は特定のキャラクター同士で絆レベルを最大まで上げると発生する特別な会話です。

絆会話_FE無双

シオン

マルス×シオン
キャラクター 会話内容
FE無双_マルスマルス 君は前に、王になりたくないと言ったよね。どうしてなんだ?
FE無双_シオンシオン そんなの、王が弱いからに決まってるだろ?
いつだって、みんなに守られて、ひとりじゃ何もできないじゃん。
オレは強い騎士になって、この剣で、王やみんなを守ってやるんだ!
FE無双_マルスマルス 王はひとりじゃ何もできない、か・・・・・・。それはそのとおりだと、ぼくも思う。
でも、それは弱いということなのかな? 少し考えてみてほしい。
例えば君が味方を守るために戦う相手にも、家族や大事な人がいるよね。
そういう存在を守るために戦う人たちを戦場で斬ることは本当に正しいんだろうか?
相手を斬ることで誰かが悲しむと知っても、君は迷わず剣を振るうことができるかい?
FE無双_シオンシオン ・・・・・・できるよ! 戦場であれこれ考えてたら自分が守りたいものを守れなくなる。
姉さんとか、この国とか・・・・・・、大切なものを守りたいって気持ちさえあれば・・・・・・。
オレは、この剣を振るうことを迷ったりしない!
FE無双_マルスマルス そうだね。戦場で迷いなく剣を振るうには決して揺るがない強い気持ちが必要だ。
それは、何があっても守りたいと思う、大切な人たちとの絆、と言いかえてもいい。
そして、ひとりひとりが大切にしている絆を紡ぎ、支えているのが王なんだよ。
FE無双_シオンシオン 絆を紡ぎ、支える・・・・・・?
FE無双_マルスマルス うん。王は人々の絆をひとつに束ね上げ、強固にすることで国を守っているんだ。
国を守りたいという、君たちの強い気持ちがぼくたちを集めたのと同じようにね。
ぼくたちが共に戦うことを選び、今ここにいるのは・・・・・・君の紡いだ絆の力なんだから。
FE無双_シオンシオン ・・・・・・! それは・・・・・・。
FE無双_マルスマルス 仲間たちの絆がひとつに束ねられたとき、その力は計り知れないものとなる。
それでも君は、王という存在を弱いものと決めつけるのかい?
力が弱くても、前線で戦わなくても、王は誰よりも多くの人たちを守っているんだ。
FE無双_シオンシオン ・・・・・・それでもオレはみんなと共に戦いたい。王にはオレより姉さんのほうが向いてるよ。
FE無双_マルスマルス ははは、すまない。ぼくは君に王になれと言ってるわけじゃないよ。
ただ、何のために王がいるのかを、伝えておきたかったんだ。
そしてぼくも、人々の絆を大事にできる立派な王になりたいと思っているよ。
FE無双_シオンシオン そっか。そっか。オレはまだわかんないけど、マルスなら絶対なれると思うぜ!
FE無双_マルスマルス ありがとう。まだまだ遠い道のりだからね、気を引き締めて頑張るよ。
もし君が将来、やっぱり王になりたいと、考えを変えることがあれば・・・・・・。
そのときは、ぼくのすがたを思い出してくれ。
王を目指していたぼくが、どんな戦いをしていたかをね。
FE無双_シオンシオン ああ、それならばっちりだぜ! これまでずっとマルスと一緒に戦ってきたからな。
まるすは大切な仲間だ。その勇姿を、忘れたりしないよ!
FE無双_マルスマルス ぼくも、君を見守り続けているからね。ぼくたちは、ずっと絆で結ばれた仲間だ。

シーダ

マルス×シーダ
キャラクター 会話内容
FE無双_シーダシーダ マルス様・・・・・・。ご無事ですか?
FE無双_マルスマルス うん、大丈夫。こんなところでやられるわけにはいかないよ。
君のほうこそ、怪我がなくてよかった。
君にもしものことがあったら、タリス王に申し訳が立たないからね。
FE無双_シーダシーダ そんなこと・・・・・・。
FE無双_マルスマルス それに、君を無事に元の世界ヘ送り届けたいというのは、ぼくの願いでもある。
本音を言えば、こんな敵の多い戦場に君が出撃するのだって、反対したいんだ。
FE無双_シーダシーダ でも・・・・・・マルス様、今はー兵だって惜しい状況です。
わたし、戦力になっていませんか?
FE無双_マルスマルス いや・・・・・・すごく立派に戦えていると思う。
FE無双_シーダシーダ よかった。なら・・・・・・。
FE無双_マルスマルス だからこそ、心配なんだよ。
君が有能であればあるほど、前線に出て戦い・・・・・・誰かを傷つけることになる。
それは、戦いを嫌う君にとって、耐えがたいことなんじゃないかなって・・・・・・。
FE無双_シーダシーダ そんなこと、言わないでください・・・・・・!
わたしは、マルス様のそばで、マルス様のために戦えることを幸せに感じています!
FE無双_マルスマルス シーダ・・・・・・。嬉しいけど、前線に立つってことは危険な目に遭う可能性だって・・・・・・。
FE無双_シーダシーダ それなら、わたしだけ安全な場所から見ていろって言うんですか!?
FE無双_マルスマルス そうは言ってないよ。でも、君がそれで傷ついたら、ぼくは堪えられないんだ!
FE無双_シーダシーダ それならマルス様は、わたしやみんなが戦っている間、城で待っていられますか!?
FE無双_マルスマルス それは! そんなことは、できるわけないじやないか・・・・・・!
君や・・・・・・みんなが傷つくかもしれないのに、自分だけただ待っているなんて・・・・・・!
FE無双_シーダシーダ わたしだって同じです!
FE無双_マルスマルス ・・・・・・! シーダ・・・・・・。
FE無双_シーダシーダ ・・・・・・わたしがおそばにいないせいで、マルス様が倒れるようなことがあれば・・・・・・。
わたしは・・・・・・、自分自身を絶対に許すことができないと思います。
FE無双_マルスマルス ・・・・・・・・・・・・・・・・・・そうだね。ぼくも同じだ。だからこうして、一緒に戦っている。
FE無双_シーダシーダ はい・・・・・・。決して、マルス様の気持ちがわからないわけじゃないんです。
感情的になってしまって、ごめんなさい。
FE無双_マルスマルス いいんだ、すまない。ぼくも、言葉が強くなってしまった。
君のそばで、君を守りながら戦いたい。それが、今のぼくの願いだよ。
FE無双_シーダシーダ 私の願いも同じです。マルス様のために、マルス様のおそばで戦い続け・・・・・・。
一日でも早くこの戦いを終わらせる。
FE無双_マルスマルス シーダ、ぼくたちの想いは、同じだ。手を取り合って、前ヘと進もう。
ぼくたちの力で・・・・・・この戦いを終わらせよう!
FE無双_シーダシーダ ええ。マルス様、喜んでお供します。

チキ

マルス×チキ
キャラクター 会話内容
FE無双_チキチキ 見て! ふしぎなお家! チキたちの世界といろいろちがって、おもしろいなあ!
FE無双_マルスマルス ぼくたちの世界とは大きく違うみたいだね。改めて、異世界だと感じさせられるよ。
FE無双_チキチキ おじいちゃまも、こんな景色、見たことないよね?
FE無双_マルスマルス そうだね。
いくら長生きのバヌトゥとはいえ、ここに来たことはないだろうな。
FE無双_チキチキ いっしょだったら、よかったのに。見せてあげたかったな・・・・・・。
FE無双_マルスマルス チキが、バヌトゥの分もいっぱい見て、帰ってから話してあげればいいんだよ。
チキのお上産話、バヌトゥもすごく喜ぶと思うよ。
FE無双_チキチキ うん! いっぱい見て、いっぱい話してあげる!
あ・・・・・・でも、いつになったら帰れるのかな・・・・・・。
そのあいだ、おじいちゃま、チキがいなくって、さみしくないかな?
FE無双_マルスマルス うーん、バヌトゥも寂しがっているとは思うよ。
FE無双_チキチキ やっぱり・・・・・・。
FE無双_マルスマルス でも、バヌトゥのそばには、今は仲間がいっぱいいる。
ぼくたちの、頼りになる仲間、友達がね。だから、きっと平気だよ。
チキはどうだい? 寂しいかな。
FE無双_チキチキ チキも・・・・・・さみしい。でも、おじいちゃまと、おんなじ!
マルスおにいちゃんがいっしょだから、だいじょうぶ!
・・・・・・ずっと、いっしょだよね?
FE無双_マルスマルス ああ、もちろん。ぼくたちは、ずっとー緒だよ。
それにバヌトゥだって、みんなと一緒にぼくたちの帰りを待っているさ。
FE無双_チキチキ わかった! それなら、早くいっしょに帰れるようにしよう!
FE無双_マルスマルス その意気だよ、チキ。
敵の勢いは増すばかりで、これから先も激しい戦いになるだろう。
この国の人たちに協力して、早くこの戦いを終わらせよう。
FE無双_チキチキ うん! わたし、竜に変身して、敵をやっつけちゃうもん!
FE無双_マルスマルス はは、ぽくも負けていられないね。一緒に力を尽くそう。
みんなで立ち向かえば、どんな強敵だって倒せるはずだから。
FE無双_チキチキ マルスのおにいちゃんがいっしょなら、こわくなんてないよ!
おにいちゃんも、チキがいればこわくない?
FE無双_マルスマルス ああ。チキは戦いになればすごく心強いからね。
異世界に来て、チキがー緒だとわかったとき・・・・・・少しほっとしたよ。
FE無双_チキチキ わたしも、おにいちゃんがいっしょでよかったなー。
おにいちゃんといっしょに旅ができるのは、たのしいから!
FE無双_マルスマルス そう言ってくれると、嬉しいな。この異世界の旅・・・・・・楽しく乗り越えよう!

リン

マルス×リン
キャラクター 会話内容
FE無双_リンリン マルスって、絵に描いたような王子様よね。白馬に跨ってそう。
FE無双_マルスマルス 突然どうしたんだ、リンディス?
FE無双_リンリン あ、全然悪い意味じゃないからね。ただ、振る舞いが立派だなあって思って。
どうしても自分と比ベてしまうのよね。私って、草原育ちだから。
公女とは名ぱかりで、責族らしさのかけらもないじゃない?
FE無双_マルスマルス そうは思わないけど・・・・・・、もしそうだとしても、気にする必要はないよ。
リンディスは、人の上に立つ者としての資質を立派に備えているから。
FE無双_リンリン ほんとに? 正直に言っていいのよ。
FE無双_マルスマルス 君には、誰にも負けない意志の強さや弱者の気持ちを思いやる優しさがある。
それらは、見かけの礼儀作法なんかより、よっぽど大切なものだと思うよ。
FE無双_リンリン ・・・・・・ありがとう。マルスに言われると、すごく心強い。
FE無双_マルスマルス 君の父君は、立派な長だったんだろう? その資質を、君も譲り受けたんだろうね。
FE無双_リンリン そうだったら、嬉しいな・・・・・・。
後は、母さんのおしとやかさや美しさも、譲り受けていたら文句なしだったのにね!
FE無双_マルスマルス おしとやかさとは違うかもしれないけど、リンディスも美しいと思う。
君の戦う姿は、草原を吹き渡る風のようで、まるで美しい舞を見ているようだよ。
FE無双_リンリン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
FE無双_マルスマルス リンディス? 気を悪くしたなら、すまない。
FE無双_リンリン ううん、してないから大丈夫! ちょっとびっくりしたの。
私の、大切な仲間のひとりと、同じようなことを言うものだから。
FE無双_マルスマルス よかった。その仲間というのは、元の世界の・・・・・・?
FE無双_リンリン ええ、エリウッドっていうの。貴族なんだけど、思いやりがある人で・・・・・・。
身分の怪しい私を最初から信じてくれて、いろいろ助けてくれた恩人なのよ。
私は貴族があんまり好きじゃなかったけどエリウッドと知り合って変わったわ。
FE無双_マルスマルス たぶん彼も、リンディスと出会ってすぐに君が持つ魅力に気付いたんだと思うよ。
仲間になれば、なおさら強く感じられる。君を美しいと言ったのも本心からだ。
ぼくも、その人も、君を大切な仲間だと思うからこそ、出た言葉なんじゃないかな。
FE無双_リンリン 照れくさいことを、さらっと言うのね!
・・・・・・あなたがたくさんの仲間に慕われているのも、わかる気がする。
ねえ、マルス。私、あなたを目標にしていいかしら。
やっぱり貴族らしい振る舞いも身につけなきゃいけないし・・・・・・。
何より、自分のためじゃない、仲間のために振るうその剣を、私は目指したい。
FE無双_マルスマルス 突然だね。・・・・・・それなら、ぼくも君を目標にしてもいいかな。
君の剣はしなやかで力強いし、その自由で強靱な意思を、ぼくは尊敬しているから。
FE無双_リンリン ・・・・・・いいわよ。それじゃ、これからはお互いを目標にして頑張りましょ?
FE無双_マルスマルス うん。共に戦い、共に強くなろう。これからもよろしく・・・・・・リンディス。

クロム

マルス×クロム
キャラクター 会話内容
FE無双_クロムクロム くっ・・・・・・前に出過ぎたか?
FE無双_マルスマルス クロム!無事かい!
FE無双_クロムクロム ああ、すまない。・・・・・・!マルス、後ろだ!
FE無双_マルスマルス ありがとう。助けにきたのに、逆に助けられてしまって。
FE無双_クロムクロム いや、元はと言えば俺のせいだ。
FE無双_マルスマルス クロムのせいでは・・・・・・·。ともかく、今はここを切り抜よう!
FE無双_クロムクロム ああ!先程は助かった。どうも俺は戦いとなると、先走ってしまってな。それに引き換え、マルスは常に仲間を気づかって動いてくれている。
FE無双_マルスマルス ぼくはただ、共に戦う仲間が機牲になるのを見過ごせないだけだよ。クロムこそ戦場では、いつも勇敢じゃないか。まるで、アリティアの建国者、アンリ王その人のようだよ。
FE無双_クロムクロム アンリ王・・・・・・·?そんな存在と比較されるのは、畏れ多いな。とても俺はそんな器じゃないが・・・・・・。
FE無双_マルスマルス いや、きっと、アンリ王のように、何かを成し遂げる力を持っているよ。
FE無双_クロムクロム それを言うなら、マルスも古の英雄王たる立派な人物だと思う。
FE無双_マルスマルス そうかな・・・・・・·。
FE無双_クロムクロム ああ。帰ったらみんなに自慢できるぞ。俺はあのマルスと共に戦ったんだ、と。
FE無双_マルスマルス でもぼくは、先程もあなたを助けることに夢中で、自分の危険に気付けなかった。みんなの思う英雄王として、相応しい働きができず申し訳ないと思う。
FE無双_クロムクロム それは違う!!
FE無双_マルスマルス クロム・・・・・・?ごめん、気に障ることを言ったのなら——
FE無双_クロムクロム いや、謝るのは俺のほうだ。俺は、俺たちは、英雄王という名前や、伝説に期待しているんじゃない。今のマルス自身を見て、信じているんだ。お前は英雄王たる人物だと。だから、そんなことを言わないでくれ。
FE無双_マルスマルス クロム・・・・・・。ありがとう。そんな事を言ってくれたのはあなたが初めてだ。それでも、今のぼくはその伝説の英雄王にはまだ、遠く及ばないと思うんだ。
FE無双_クロムクロム マルス・・・・・・
FE無双_マルスマルス でも、それを申し訳ないと思ったり、君たちに遠慮したりするのはもうやめるよ。そして、いつか英雄王という名に恥じない人間になってみせる。それを、今ここで誓うよ。ぽくの目の前にいる、あなたに。
FE無双_クロムクロム ああ・・・・・・!俺も誓おう。お前のように、優しく、勇敢な人間になることを。時代を越えた、お前との絆があれば、きっと成し遂げられる。互いの未来のため・・・・・・·次の戦いも、力を合わせて勝とう!
FE無双_マルスマルス ああ、ぼくらの剣で、道を切りひらいていこう!

ルキナ

マルス×ルキナ
キャラクター 会話内容
FE無双_ルキナルキナ マルス様!先程は、救援ありがとうございました!流石は伝説の英雄王・・・・・・同じ戦場に立てて、私、光栄です!
FE無双_マルスマルス ルキナ・・・・・・そんなに大したことはしていないよ。
FE無双_ルキナルキナ いえ、私が危機に陥るや否や、颯爽と駆けつけてくださったではありませんか。仲間を助け、敵を討つ·····その姿はまさに英雄王そのものでした。数多の味方に慕われるだけでなく、時には敵さえも魅了したという・・・・・・。
FE無双_マルスマルス 待ってくれ、ルキナ。いくらなんでもその伝説は誇張だろう。
FE無双_ルキナルキナ 詩張などではありません!私はこの伝説が真実だと思います。マルス様は皆の希望そのものでした。だからこそ私は・・・・・・。マルス様のお姿を借り、その名に希望を懸けて戦い続けてきたんですから。
FE無双_マルスマルス そ、そうか。でも、伝説とは違ったこともあるんじゃないか?
FE無双_ルキナルキナ え?そ、そうですね・・・・・・確かに、人柄は想像していたものと違いました。邪悪な竜を滅ぼしたと聞いていたせいか、厳しい武人のような方と思っていたんです。でも実際には、とても穏やかで、優しくて、仲間思いで・・・・・・。お話するだけで心が温かくなる、素敵な方だということがわかりました。
FE無双_マルスマルス そこまで言われると・・・・・・。照れくさいのを通り越して、不思議な気分だよ
FE無双_ルキナルキナ ふふっ、そうやって飾らないお人柄なのも素晴らしいと思います。
FE無双_マルスマルス だといいけど・・・・・・。そういえぼ、何でルキナはぼくの名を使っていたんだ?君だって立派な王女だったはずだ。名を偽らなくとも、人々を導けたんじゃないかな。
FE無双_ルキナルキナ あの世界では、圧倒的な希望になれるような存在でなけれぱダメだったんです。私のいた世界は邪竜に支配され、絶望に覆われてしまっていて・・・・・・。民や仲閭の士気を上げるためには、そのお名前にすがるしかなかったんです。先程言ったとおり、マルス様は・・・・・・その伝説は、希望そのものでしたから。
FE無双_マルスマルス そうか・・・・・・。ルキナは、本当に苦しい戦いを、経験してきたんだね。
FE無双_ルキナルキナ ですが、マルス様のお名前にー番救われていたのは・・・・・・。私自身だったのかもしれません。マルスと名乗るだけで、まるで本当の英雄王になったように勇気が出たんです。・・・・・・ごめんなさい。お会いしたときから、ずっと謝らなければと思っていました。
FE無双_マルスマルス 気にしないでよ。ぼくの名前が、君たちにとって役立つものであったなら、よかった。それに、君の活躍はきっと・・・・・・いや、必ずや英雄王の名に恥じないものだったと思う。
FE無双_ルキナルキナ !ありがとうございます・・・・・・。マルス樣の存在は、私たちにとって本当に強い支えだったんです。今も・・・・・・。
FE無双_マルスマルス でも、今の君を見ると、もうぼくの名前は必要なさそうに思えるな。君の持つ強さや、人としての魅力の前では、伝説も霞んでしまうよ。
FE無双_ルキナルキナ そ、そんなことは・・・・・・。
FE無双_マルスマルス ぼくも、君が目標とした英雄王に近づくため努力しないといけないね。この先に何が待つのかはわからないけれど、そのすべてを、乗り越えるためにも。
FE無双_ルキナルキナ はい、ありがとうございます。私も、こうして共に戦わせていただく以上は・・・・・・。マルス様に少しでも近づけるように、精一杯、努力します。
FE無双_マルスマルス うん、共に頑張ろう。お互いの未来のために!

フレデリク

マルス×フレデリク
キャラクター 会話内容
FE無双_フレデリクフレデリク マルス王子。それは私が片づけておきましょう。
FE無双_マルスマルス ああ、頼んだよ。
・・・・・・あ、すまない! このくらいのこと、自分でやらないとね。
FE無双_フレデリクフレデリク そんな、お気遣いなく。このような仕事には慣れておりますので。
FE無双_マルスマルス ははは、ありがとう。いつもの習慣でつい頼んでしまったんだ。
FE無双_フレデリクフレデリク ・・・・・・なるほど、マルス王子のお側には優秀な従者がおられたのですね。
FE無双_マルスマルス え? どうしてそう思うんだい?
FE無双_フレデリクフレデリク 信ずるに値する者が側にいればこそ、憂いなく身辺のことを頼むことができます。
おそらくマルス王子には、気が置けない素晴らしい従者がいたのでしよう。
FE無双_マルスマルス そういうことか。確かにぼくの周りには、優秀な騎士たちがいるよ。
後見役のジェイガン、猪突猛進なカインと冷静沈着なアベルの二人組・・・・・・。
ぼくがここまでやってこれたのは、すべてみんなが頑張ってくれているおかげなんだ。
FE無双_フレデリクフレデリク カイン殿とアベル殿というのは、もしや伝説の”猛牛”と”黒豹”では・・・・・・?
古の英雄王に仕えた、二人の驕士として私の時代にもその名が語り継がれています。
マルス王子と騎士の方々を結ぶ絆も、並々ならぬものだったのですね・・・・・・!
FE無双_マルスマルス それはよかったよ。二人とも伝説に名を残すに相応しい、素晴らしい騎土なんだ。
でも、フレデリクも彼らに匹敵するくらい、優秀で信頼に足る従者だと思うけどね。
君とクロムの関係も理想的じゃないかな。息が合っていて素晴らしい主従だよ。
FE無双_フレデリクフレデリク こ、光栄です・・・・・・! しかし、理想という意味ではマルス王子も負けておられません。
主としての度量、そして他者を認める立派なお心は、まさに理想の主君と言えましょう。
FE無双_マルスマルス 褒め過ぎだよ、フレデリク。でも主君と共にこの世界に来た君が、少しだけ羨ましいな。
FE無双_フレデリクフレデリク 確かに、その点は幸運でしたね・・・・・・。
せめて、この世界にいる間は、マルス王子の従者に代わってお世話をさせてください。
たとえ主従でなくとも、私とマルス王子との間の信頼は不変のものですからね。
FE無双_マルスマルス ありがとう。それじゃあ頼むよ。
・・・・・・あ、今のはつい頼んだわけじゃないからね。
仲問として、君に力を貸してほしいということだよ。
FE無双_フレデリクフレデリク はっ、わかっておりますとも。微力ながら尽くさせていただきます!
FE無双_マルスマルス その代わり、ぼくも君のために何かさせてほしいな。
君の仕事を手伝ったり、戦場では共に戦い、助け合ったり・・・・・・。
従者としての君でなく、仲間としての君と共に歩んでいきたいんだ。
FE無双_フレデリクフレデリク ・・・・・・! ありがとうございます!
マルス王子にそう言っていただけて光栄です。
これからも欠かさずお世話をさせていただきます! もちろん、仲間として。
FE無双_マルスマルス ははは、ありがとう。よろしく頼むよ。これからも力を合わせ、乗り越えていこう。
FE無双_フレデリクフレデリク はい。仲間として、共に励みましょう!

リョウマ

マルス×リョウマ
キャラクター 会話内容
FE無双_リョウマリョウマ マルス王子は、若いのに立ち振る舞いがしっかりとしているな。
剣の腕も立っし······王族として非の打ち所がない。
FE無双_マルスマルス リョウマ王子······!いいえ、とんでもありません。
こちらの世界に来てからも、己の未熟さを痛感してばかで······。
あなたのような強い王子になれるよう、努力しなくてはと思っていたところ
です。
実は······ぼくは元の世界で祖国を奪われ、父と姉上すら失いました······。
ぼくに何も力がないばかりに、罪もない多くの者が······死んでいったんです。
戦う力と覚悟があれぱ······防げたかもしれなしれないのに······!
FE無双_リョウマリョウマ ……!マルス王子も家族を失っていたのか。······俺と同じだ。
俺は幼い頃、目の前で父を失い……。カムイも奪われてしまった。
俺がもっと強ければ、そんなことは起こらなかったはずだ。
マルス王子の気持ちは痛いほどわかる。あのとき俺に、力があれぱ······!
······あの後、俺は誓った。皆を守れるような強い人間になると。
その誓いが、大切な白夜ときょうだいたちを守り抜くという覚悟を形作って
いるんだ。
FE無双_マルスマルス リョウマ王子も、父君を······。申し訳ありません。
ぽくは自分のことばかりで、あなたにそんな過去があったとは知らずに……。
FE無双_リョウマリョウマ いや、いいんだ。あのときの経験が、今の俺に繋がっている。
FE無双_マルスマルス 話してくださってありがとうございますリョウマ王子、やはりあなたは強い
方だ。
力だけでなく心も······。僕はそんなあなたを目標にして、頑張っていきたい。
FE無双_リョウマリョウマ そうか。こうしてお前ほどの男に目標としてもらえるようになれたなら······。
俺も少しは強くなれたということだろう。ありがとう、マルス王子。
お前は、間違いなく立派な王になれる。俺が保証するまでもない。
FE無双_マルスマルス そう言っていただけて、嬉しいです。
あなたに言われると、希望が湧いてきます。
FE無双_リョウマリョウマ マルス王子は俺より、ずっと立派な人物だ。
その若さで人を東ね、見事に軍を率い、闘いにおいても仲間を思うことを
忘れない。
俺のほうがマルス王子を手本として、成長しなけれぱと感じるくらいだ。
FE無双_マルスマルス リョウマ王子に手本にしてもらうなんて、そんな……。
FE無双_リョウマリョウマ いいではないか。互いに学ぶべきところがあるということだろう?
俺は素晴らしい関係だと思うがな。
FE無双_マルスマルス ……!そうですね。そのとおりだと思います。
FE無双_リョウマリョウマ 俺たちは二人とも、若くして父を失った。己の道は己で切り拓いていかねばならん。
これからも切磋琢磨し、お互いを高め合える仲でいようではないか。
FE無双_マルスマルス はい、望むところです!よろしくお願いします、リヨウマ王子!
生まれた世界は違えど、境遇の似た僕たちが出会い、仲間となった……。
この絆は運命に違いありません。ふたりで歩んでいきましょう!
FE無双_リョウマリョウマ ああ、共に王位を継がんとする身……、困難にも力を合わせて打ち克とう!

マークス

マルス×マークス
キャラクター 会話内容
FE無双_マルスマルス マークス王子、何をしているんですか?
戦いも終わったばかりだというのに、そんなふうに書類に筆を走らせて······。
FE無双_マークスマークス む、マルス王子か。これは、先程の闘いを記録しているのだ。
王族として相応しい立ち振る舞いができていたか、確認する意味もある。
FE無双_マルスマルス ぼくには、すばらしい立ち振る舞いをしているように見えましたよ。
そもそも、マークス王子の王族らしからぬ姿なんて、見たことがありません。
戦場でも、戦場以外でも、あなたの立派な立ち振る舞いは、ぼくにとって手本です。
FE無双_マークスマークス そう言ってもらえると、ありがたいが······自分ではなかなか満足がいかなくてな。
立派だった父、ガロン王の姿を思い出すと、私などまだ未熟だと感じてしまう。
FE無双_マルスマルス ヘえ······では、あなたの父君は、あなた以上に立派な方なんですね。
FE無双_マークスマークス ああ。先頭に立って皆を率いていく、力強い王だった。
戦場でも常に最前線で闘い、しっかりと国を守っていたんだ。
FE無双_マルスマルス 目標とすベき素晴らしい父君が側におられるなんて、羨ましい限りです。
FE無双_マークスマークス そうだな······。今はもう、昔の話だが。
FE無双_マルスマルス え?
FE無双_マークスマークス マルス王子の父君はどうなんだ?
マルス王子の立ち振る舞いを見る限り、父君もさぞかし立派な王なのだろう?
FE無双_マルスマルス 実は······父は数年前、同盟国の救援に向かい、そのまま帰らぬ人に······。
FE無双_マークスマークス ······!では、父君はすでに······。
そうとは知らず浅はかなことを言ってしまったな······すまない。
FE無双_マルスマルス 浅はかだなんて、とんでもない。どうか気になさらないでください。
FE無双_マークスマークス ······しかし、父君が立派な王だったというのは当たっていたようだな。
己の命を投げ打ってでも、民のために闘えるとは、まさに真の王だ。
そしてその意志は、間違いなくマルス王子の中に生き続けている。
仲間のため、アイトリスのため、自分の身を省みず闘っているではないか。
父君もきっと、その成長を頼もしく見守っているに違いない。
FE無双_マルスマルス ありがとうございます······!
父を尊敬し、目標にしてきたので、もしそうだったら嬉しいです。
FE無双_マークスマークス 私も、まだまだ努力を重ねなくては。マルス王子を見習ってな。
FE無双_マルスマルス ですがマークス王子も、とても立派な方だと思います。
先程の戦いでも、まさにあなたの話すガロン王そのものの活躍でしたから。
FE無双_マークスマークス そうか······。喜ばしい言葉をありがとう、マルス王子。
FE無双_マルスマルス いえ、感じたままを言っただけです。
マークス王子、これからも、ぼくと王族のあるべき姿を語り合ってもらえませんか?
あなたの話はためになりますし、何より、ぼくとあなたであれば······。
互いに高め合うことで、王族としてももっと成長できる気がするんです。
FE無双_マークスマークス 喜んで付き合おう。私にも、もっとマルス王子の話を聞かせてほしい。
互いのことをさらに理解し合い、共に前に進みたいものだな。

セリカ

マルス×セリカ
キャラクター 会話内容
FE無双_セリカセリカ マルス、あなたの国はアカネイア大陸にあるのよね?
FE無双_マルスマルス そうだけど・・・・・・セリカは、アカネイアを知っているのかい?
FE無双_セリカセリカ 偶然かもしれないけれど、私の世界にも同じ名前の大陸があるの。
今は戦争は起きていないはずだけど・・・・・・。マルスの世界は今、大変な状況なのよね?
FE無双_マルスマルス うん・・・・・・。大変どころではない、深刻な状況だよ。
大陸全土を巻き込んだ戦争が起きていてね、ぼくの国も減ぼされてしまった・・・・・・。
なんとしても、自分の国を取り戻し、他の国々も救わないと・・・・・・!
FE無双_セリカセリカ やっぱり、マルスが戦っているのは暗黒戦争なの・・・・・・?
FE無双_マルスマルス ・・・・・・え?
FE無双_セリカセリカ あ、ううん・・・・・・なんでもないわ。単なる思い違いかもしれないから・・・・・・。
ただ、私が知っているアカネイア大陸でも少し前に大きな戦いがあったらしいの。
それは何年も続いた悲惨な戦いで、たくさんの人が犧牲になったそうよ。
あなたも同じように戦うつもりみたいだけど本当にそれが最善の手段なのかしら・・・・・・。
戦いは必ず機牲を生むわ。何か戦わずに収める方法はないの?
FE無双_マルスマルス そうだね。それができれば良かったんだけど・・・・・・。
残念ながら、話し合いに応じるような相手じゃないんだ。
アカネイアを救うため、ぼくの父は戦いに出て、命を落としてしまった。
だから、皆の希望をつなぐために、ぽくは戦わなければならない。
アリティアの王子として生まれた以上、父の遺志は、ぼくが継がないと・・・・・・!
FE無双_セリカセリカ どんな身分で生まれようとも、マルスはマルスじやない!
あなたが戦うことで、新たな争いが生まれ、それが悲劇につながることだってあるわ。
それに、あなた自身、無事では済まないかもしれない・・・・・・!
FE無双_マルスマルス セリカ・・・・・・。それでもぼくは、戦うことを選ぶ。
FE無双_セリカセリカ あなたを止めることは、できないの・・・・・・?
FE無双_マルスマルス 大切な人たちを守るため、立ち止まることはできないよ。
だけど・・・・・・セリカは、大切なことをぼくに気づかせてくれたみたいだ。
FE無双_セリカセリカ ・・・・・・え?
FE無双_マルスマルス 戦いは必ず犧牲を生む。巻き込まれた民は希望どころか命すら失う危険にさらされる。
・・・・・・長く戦場に身を置くうちに、僕はそんな当たり前のことを忘れていたかもしれない。
今は戦うしかないけれど、戦わないことの大切さも、しっかりと肝に銘じておくよ。
FE無双_セリカセリカ マルス・・・・・・! そう言ってもらえると私もうれしい。
あなたのように民を思いやれる人なら、戦いの先に必ず平穏を取り戻せるわ。
私には何もできないけれど、せめて祈らせて。
あなたが無事に、目的を成し遂げられるように。
FE無双_マルスマルス ありがとう、セリカ。君の思いに応えられるように頑張るよ。

こちらの記事もおすすめ

Leave a Reply



Be the first to comment