【ファイアーエムブレムエコーズ】村人のおすすめクラスチェンジ・転職先まとめ|グレイ、ロビン、クリフ、エフィについて

ファイアーエムブレムエコーズ(FEエコーズ)における村人のおすすめクラスチェンジ・転職先について紹介しています。アルム軍のグレイ、ロビン、クリフ、エフィのクラスチェンジ先を考察付きで解説しているので、攻略の参考にしてみてください。

4/21 クリフについての記述を大幅に変更しました!

村人について

村人は、多様なクラスの中でも少し特殊な位置付けのクラスである。
基本的にクラスチェンジの流れとしては、一部を除き下位職→上位職→最上位職と転職させていくことになる。
ただし、村人はこの枠組みから外れた、いわゆる最下位職にあたる。

村人のクラスチェンジ先は、「傭兵」、「ナイト」、「ソルジャー」、「アーチャー」、「魔導士」の5種類存在する。
そのため、村人はほかのユニットよりもクラスチェンジ回数が多く、より強く成長させられる見込みがある。

問題なのは、最速でクラスチェンジをする場合、第1章の序盤でクラスチェンジすることになるため、選択が非常に難しくなる点。
この記事では、アルム軍における4人の村人のおすすめのクラスチェンジ先を紹介しているので、ぜひ攻略の参考にしてほしい。

基本的な考え方

本作においても、レベルを最大にしてからクラスチェンジをしたほうが効率が良いのは変わらない。
ただし、ほかの作品と比較して、早期のクラスチェンジのデメリットも少ないため、通常のプレイであれば最速クラスチェンジでも問題ないだろう。
最強キャラクターを育成したい場合はこちらを参照。

クラス選択の方針としては、

  • アルム軍に不足しているクラス選択
  • ユニットのステータスを考慮したクラス選択

が重要になる。
ナイト、ソルジャーあたりは豊富にいるため、基本的にはそれ以外のクラスを補っていくことをおすすめする。
以下ではユニットごとのステータス、役割をもとに、おすすめのクラスを紹介していく。

参考記事

グレイ

おすすめクラス:傭兵

初期からHP、ATKの値が高く、かつレベルが5なので即戦力として活躍できる。
ただし、HPとATK以外のステータスの伸びが悪く、さらにRESが2なのが致命的。
そのため、TECやSDPの基礎値が高い傭兵へのクラスチェンジが最適解になるだろう。
「いかづちの剣」に力不足感を感じた頃にはATKも育っていることが多く「鋼の剣」や進化先の「銀の剣」「勇者の剣」を装備させれば最終メンバーとして使うことも可能。

ATKの高さを活かして魔道士にするのも悪くないが、修得できる魔法が少ないというデメリットがある。

ロビン

おすすめクラス:アーチャー/傭兵

ロビンはTECの伸び率は優秀なので、ひとまずアーチャーを選んでおけば問題ない。
弓は素の命中率が低いので、TECの高さを存分に活かすことができるだろう。
もう一人のアーチャーのパイソンはTECが伸びにくいため、安定感の違いを実感できるはずだ。
最終クラスのボウナイトは今作でも強いため、最終メンバーとして使うことも可能。

即戦力として使いたい場合は、剣を使える傭兵にクラスチェンジする選択肢もある。
アルム編では早い段階で強力な装備である「いかづちの剣」を入手することができるため、ダメージディーラーとして活躍できる。
といっても、いかづちの剣の性能も後半になるにつれて相対的に弱体化していくため、傭兵にした場合最終的には2軍落ちしてしまうことも多い。

クリフ

4/22 クリフについての記述を大幅に変更しました!

おすすめクラス:魔導士/アーチャー

今作では成長率がSPDよりに調整され魔法習得タイミングが遅くなるなど、前作との変更点が多いキャラクター。

『外伝』における魔導士のように、明らかに適性のある職業はなくなったので、パーティの穴を埋められるクラスを選択しよう。
アルム軍には移動に優れるナイトやペガサスナイト、アーマーにクラスチェンジできるナイトがいるため、魔導士、アーチャーあたりがいいだろう。

序盤のアルム軍には魔導士が不足しており、中盤にならないと揃わない。
中盤までの主な魔法戦力として、魔導士の穴を埋めてもらうのがベター。
習得タイミングが変わってしまったが、「エクスカリバー」「アロー」「オーラ」を覚えるのも利点。
成長次第では最終メンバーに残らなくもないが、魔道士には超強力なデューテがいるため2軍落ちしやすいのはいなめない。

次点ではアーチャーが良いだろう。
ほかのアーチャーユニットはSPDの成長率が低いためなかなか追撃ができない中、クリフだと追撃できる場面が増える。
最終的にアルム軍最強のボウナイトになる可能性があるため、クリフを最終メンバーに入れたいならアーチャーもアリ。
入手できる弓の数に限りがあるためクリフをアーチャーにした場合、ロビンは別のクラスにすると良いだろう。

エフィ

おすすめクラス:シスター/ペガサスナイト

エフィは女性なので、「ソシアルナイト」「ペガサスナイト」「シスター」「魔導士」からクラスを選ぶことになる。
よほどのこだわりがない限り、シスターを強く推奨
回復役はどれだけいても困らない。
魔導士を賢者にクラスチェンジさせるまでは、回復役がシルクしかいないため、エフィを回復役にしておくと攻略の安定度が増す。
シルクと2人で交互に回復させあうことで、容易に経験値を稼げる点も見逃せない。
Lv6というかなり早い段階で、遠距離回復魔法の「リブロー」を習得できるというのも大きな強みだ。

次点では飛行ユニットで移動に秀でたペガサスナイト。
今作のペガサスナイトは弓からの特効を気にしなくてよい点でも優秀。
ただし、「鋼の弓」など武器自体に特攻が付いているものには注意しよう。


アルム軍はナイト系の加入数が多いため、無理にソシアルナイトにクラスチェンジさせる必要はない。

アトラス

おすすめクラス:アーチャー/ソシアルナイト

ATKが初期値、成長率共に高いためATKを活かせるクラスにするのがセオリー。
ATKが生かせるクラスで最初に思いつくのは傭兵だが、セリカ軍は傭兵が多く仲間になるためあえてアトラスを傭兵にする理由はない。
傭兵にすれば、低いTECとSPDを職業補正で補いつつ高いATKで敵を倒すことができるので、悪い選択肢ではないのだが・・・

そのため、傭兵の次にATKを生かせるアーチャーが候補に挙がる。
セリカ軍のアーチャーはレオしかいない上に、ガーゴイルなど飛行のモンスターの出現数も多いため、2人いて助かる場面も多い。
最終的にキラーボウの戦技「ハンターボレー」を使えばSPDが低くても2回攻撃できるため、高いATKを存分に活かすことができるのが強みだ。

パーティバランスを考えるなら、ソシアルナイトも候補の1つ。
セリカ軍はソシアルナイトが1人しか仲間にならないうえに、仲間になるもの4章に入ってから。
その間は移動力が高いユニットはペガサスナイトのみなので、穴を埋めるにはもってこいの存在と言える。
とはいえ、セリカ軍は砂漠や毒沼など足場が悪いマップが多く、騎馬の機動力を存分に活かせるマップは少ないので、最終的には2軍に落ちてしまうだろう。

関連記事

Bug Catcher にコメントする コメントをキャンセル



8 Comments

    • ご指摘ありがとうございます!
      決してリフを意識したわけではないのですが、少し間違えてしまいました。
      該当箇所を修正いたしました!