イース8 – フラッシュガードとフラッシュムーブのコツや必須テクニック集まとめ | 初心者や高難易度を挑む方は必見!

イース8(イースⅧ ラクリモサ・オブ・ダーナ)の必須バトルテクニックであるフラッシュガードとフラッシュムーブの基本情報やコツをまとめて紹介しています。

フラッシュガード・フラッシュムーブについて

フラッシュガード、フラッシュムーブ共に無敵時間があるのが特徴です。
この効果のおかげで安全にかつ、アドバンテージを取って敵に攻撃することができます。
上手く狙うことができればダメージを受けることが少なくなるので、回復アイテムの節約にもなります。
ストーリー後半のボス戦では、必須のバトルテクニックです。
タイミングや入力受付時間に関しては、実際に操作をして覚える方が早いです。

フラッシュガード

  • 【発動するタイミング】
  • 敵の攻撃が当たる少し前

  • 【入力受付時間】
  • 7フレーム以内(0.2秒ぐらい)

  • 【効果】
  • 無敵時間が4秒
    すべての攻撃がクリティカルになる(1.25倍)
    SP+15

コツやテクニックについて

フラッシュガードはフラッシュムーブに比べ、入力受付時間を見ると分かりますが圧倒的に発動させやすいです。
フラッシュムーブに比べると入力受付時間は2倍ぐらいあります。

フラッシュガードの成功確率を上げるコツは敵の攻撃を見てからでは間に合わないこともあるので、まず敵の攻撃の予備動作を覚えることです。

また能動的にフラッシュガードを狙いに行くのも手です。
敵の攻撃にもよりますが一定の位置で待つよりも、自分のタイミングで攻撃を受けに行く方がフラッシュガードの成功確率を上げることができるかもしれません。

確率を上げるって連打すればいいのでは?と思った方もいるかもれませんが、フラッシュガードは一定時間が経過しないと入力できないようになっています。
試しにフラッシュガード入力ボタンを連打してみると分かります。

フラッシュガードで気を付けないといけないことは、フラッシュガード中に交代をすると効果が消えてしまうので注意しましょう。
ちなみにフラッシュムーブ中は交代しても効果が消えません。

 

フラッシュムーブ

  • 【発動するタイミング】
  • 敵の攻撃が当たる直前

  • 【入力受付時間】
  • 4フレーム以内(0.1秒ぐらい)

  • 【効果】
  • 無敵時間が3秒
    自分の動きが加速し、自分以外の動きがスローになる
    SP入手量が増加

コツやテクニックについて

フラッシュムーブは発動するタイミングが攻撃が当たる直前なので、敵の攻撃速度が速い技の方が成功させやすいです。
効果発動中は敵の攻撃判定が残り続けている限り、連続でフラッシュムーブを発動させることができます。
また加速とスロー効果のおかげで、逃げていく敵や攻撃する時間が少ない敵には特に有効です。
効果中は攻撃のSP入手量が増加するのでSPゲージの管理もしながら、SPを消費しきれないなんてことはもったいないので積極的に使って戦いましょう。

フラッシュムーブで気を付けないといけないことは、効果中にメニュー画面を開くと効果が消えてしまうので注意しましょう。

関連記事▼

Leave a Reply



2 Comments

  1. 攻撃の遅い攻撃はフラッシュガードを発生させてから体当たりすれば、フラッシュムーブで攻撃に当たるより、高確率で発動します。追尾弾等、飛び道具で攻撃してくるボスに試してみましょう。
    慣れてきたらパンチやボディープレスなどの攻撃回避に使っていけるようになります。
    フラッシュムーブは自分の回避と移動速度が速い方が成功させやすいですが、敵の速さは早すぎると至難の業です、カメレオンの舌攻撃は早すぎるので、ほぼ成功しない。フラッシュムーブを活用するのは横からでも攻撃に体当たりできる場合です。相手の攻撃軸に合わせて横移動すると出やすいです。正面衝突や十字をイメージして下さい。後ろから飛んでくる攻撃を前方向の緊急回避にすると、緊急回避の終わり寄りのフレームで攻撃に当たる為、発動しにくいです。

    • コメントありがとうございます!
      攻略の参考にさせていただきます。

      フラッシュガードを先に発動させてからフラッシュムーブを狙うと成功させやすいですよね。
      リスクも少ないのでおすすめです。
      横移動でフラッシュムーブを狙う場合、失敗しても相手の攻撃を回避できることが多いので、たしかにやりやすいと思います!