CoD:BO4 - お披露目イベント内容まとめ-マルチプレイヤー、ゾンビのトレーラーを公開・バトルロイヤルモード「ブラックアウト」

5月17日に行われたCOD:BO4(コールオブデューティ ブラックオプス4)のお披露目イベントの内容をまとめています。 今まであまり情報が公開されていませんでしたが、今回のお披露目イベントでBO4に含まれるゲームモードからスペシャリストの詳細な能力まで公開されました。

5/17 お披露目イベント

お披露目イベント動画

トレイアークファンが待ちに待った日が来ました。
5月17日にBO4のお披露目イベントが行われ、50分しかないのにも関わらず新情報をこれでもかと言うぐらい明かしました。
伝統的なマルチプレイヤーですら従来のCoDとは違ったシステムを採用し、一番長く楽しく遊べるCoD作品を作り上げたと強く語っていました。
ゾンビモードは最初から3つもマップが用意されているためゾンビプレイヤーは当分の間謎解きを楽しむことができるのでしょう。
噂通りシングルプレイヤーが無く、代わりのCoD初のバトルロイヤルモード「ブラックアウト」を発表しました。

マルチプレイヤー

マルチプレイヤートレーラー

スラストジャンプ、壁走りはありません。
今作にもスペシャリストは存在し、その中にはBO3でおなじみのキャラクターも何人か存在します。
これだけだと代り映えのない最近のCoDですが、大きく変わった点が二つあります。
一つは自動回復がなくなり自分で任意のタイミングで回復しなければいけないことと、6対6から5対5に変わったことです。
今作のマルチプレイヤーはR6S,オーバーウォッチ、CS:GOを混ぜたようなものとなっています。

新システム


自動回復がなくなったことにより、いままで以上に戦術が求められます。
体力を回復には自分でボタンを押さなければいけないので、武器のリロードと同じくタイミングが非常に重要となるでしょう。
体力は今までの100から150に変わり、モダンシリーズのように瞬殺されるのではなく無印BOのような撃ち合いがメインとなります。
スペシャリストには味方の体力を回復し最大値を増加させるような特技もあり、5対5になったことも踏まえるとチームワークが鍵になるのは間違いないでしょう。

予測可能な反動


銃のシステムにも大きな変化がありました。
今まで銃の反動は一定の法則はあるものの上下左右どの向きに銃口が跳ね上がるかはランダムでした。
BO4に登場する銃の反動は固定であるため、同じ武器を使うほどその武器に慣れていける仕様となっています。
愛さえあればどんな武器でも戦える環境に期待できます。

スペシャリスト


ゲーム発売時には8人のスペシャリストから選択でき、BO3とは違いチーム内でスペシャリストが被らないようになっています。
そのためスペシャリスト選択は早いもの勝ちとなっているようです。
現時点ですでにスペシャリストの能力や専用装備が公開されています。

スペシャリスト一覧


Battery – 爆破エキスパート

  • 装備: クラスターグレネード
    最初に接触した表面に張り付き爆発した後さらに小さい手榴弾が散らばって爆発するグレネード
  • 能力: ウォーマシン
    跳ねるグレネード弾を発射するグレネードランチャー。グレネード弾は数秒後に爆発し、敵に当たったら即座に爆発する。

Ajax – ブリーチャー

  • 装備: 9-Bang
    フラッシュとスタン両方の効果を兼ね備えたタクティカル。ためることで複数回爆発させることができる。
  • 能力: バリスティックシールド
  • マシンピストルが内蔵された可変防御シールドを使用する。

Torque – ディフェンダー

  • 装備: レーザーワイヤー
    引っかかった敵にダメージを与え移動速度を低下させるワイヤー。
  • 能力: バリケード
    拠点制圧時に強化バリケードを展開する。バリケードは電磁波を発し周囲の敵にダメージを与え移動速度を低下させる。任意のタイミングでバリケードを解除できる。

Firebreak – 接近阻止

  • 装備: リアクターコア
    範囲内の敵にダメージを与え一定時間最大体力を低下させる。
    自分の体力と引き換えにより長く設置できるようになる。
  • 能力: ピュリファイア
    近くの敵を一瞬で焦がす炎の塊を発射する火炎放射。

Crash – ヒーラー

  • 装備: アサルトパック
    弾薬パックを設置し、それを利用したプレイヤーはキルするたびに追加のポイントを得る。チーム全員が弾薬を補給することができる。
  • 能力: Tak-5
    自分と味方を4人まで回復し最大体力を上昇させる。壁越しに使用することができる。

Recon – 通信オペレーター

  • 装備: センサーダート
    範囲内の敵の位置を表示してくれるセンサー。チーム全員のミニマップに表示する。
  • 能力: ヴィジョンパルス
    一定時間周囲の敵を暴く。チーム全員が確認できる。

Ruin – ラッシャー

  • 装備: グラップルガン
    撃った場所まで高速で移動できる。
  • 能力: グラビティスラム
    小さく跳んで着地と共に強力あ衝撃波を発生させる。

Seraph – タクティシャン

  • 装備: Tac-Deploy
    味方がリスポーンできるビーコン。
  • 能力: アナイアレーター
    貫通力と威力が高い弾薬を発射する大口径リボルバーを使用する。

ゾンビ

ゾンビモードは今までとは違った世界観となっています。
新キャラクター4人でプレイすることになるマップ「IX」と「Voyage of Despair」に加え、なじみ深い4人でプレイするBO2の人気マップMotDのリメイクマップ「Blood of The Dead」を最初から遊ぶことできます。
また今回からBOTがサポートしてくれるようになり、1人でも4人でマップを遊ぶことができます。
さらに難易度設定やトレーニングモードが追加され、いままでゾンビを触ってこなかったプレイヤーや新規のプレイヤーにも遊びやすいモードとなっています。

IX


舞台は古代ローマとなっており、従来のように115の影響でゾンビに変異するのではなく魔術でゾンビに変異してるのがうかがえます。
リークにもあった仮面を付けた人物がたくさん確認でき、謎が深まる一方です。
いかにも厄介そうなボスゾンビが最後のほうに出現します。

Voyage of Despair


こちらの舞台はタイタニックのようです。
やはり魔術でゾンビに変異しているようです。
魔術の影響を受けた人がミステリーボックスに変化する様子も確認できます。

Blood of The Dead


『CoD:BO2』で人気が高いマップ「Mob of The Dead」のリメイクです。
ほかのトレイラーと比べるととても短く、得られる情報はあまりありません。
Primisの4人がまだ血の瓶を持っていないように見えるので、血の瓶を入手するのが今回の謎解きの重要な部分となるに違いありません。
Originの時点でリヒトーフェンは血の瓶を持っているので、リヒトーフェンがリヒトーフェンに血の瓶を渡す経緯はいちゾンビファンとしてとても気になります。
BO2の「Mob of The Dead」にいたキャラクター4人は無限ループに囚われてアルカトラズから抜け出せない状態だったので、瓶に入っていた血が彼らのである事を踏まえて何かしらの形で接触するのは間違いないでしょう。

新モード「ブラックアウト」


リーク通りバトルロイヤルモードが発表されました。
新モード「Black Out」は今流行りに流行っているバトルロイヤル方式で、ソロまたはチームで最後まで生き残れば勝利となります。

マップはみんな大好きNuketownの1500倍の広さとなっており、今までのBOシリーズのマップをつなぎ合わせたフィールドとなっているようです。
陸海空それぞれに乗り物が用意されており、RC-XDのようなキルストリークも使うことができます。
BOシリーズのキャラクターになら誰にでもなれ、過去に使えた武器が使用できるようです(WaWの貴様は強くないおじさんを強く所望)。
このモードはまだ開発途中なので人数などの詳しい情報は出ていませんが、好きなキャラクターになり好きな武器が使えるだけで期待は高まる一方です。

Leave a Reply



Be the first to comment