【ウイニングポスト10】1983年おすすめ競走馬・繁殖牝馬

ウイニングポスト10(ウイポ10)の1983年に入手すべき競走馬&繁殖牝馬を紹介しています。幼駒セール、繁殖牝馬セール、海外セリ、年度末で入手すべきお得な馬もあわせて掲載しています。

1983年に入手すべきおすすめの馬

以下に1983年に入手すべきおすすめの1歳馬をまとめています。

おすすめの選定基準は、1週目プレイにおいて、GⅠ8勝以上をして金のお守りを稼ぐことができるかどうか、ということに焦点を当てています。

(つまり緑~銀のお守りで入手できる馬のなかで、金のお守り[金の殿堂入り]を達成しやすい馬が、おすすめ度の高い馬になっています)

1983年に入手できる虹~銅の史実馬の能力詳細を観たい方は以下の記事をチェックしてください。

1982年誕生の史実馬一覧
1983年誕生の史実馬一覧

1983年に入手すべきおすすめ幼駒一覧

国内

性別 おすすめ 評価
スダホーク ★★★★☆ ・牡馬3冠を狙える銅札牡馬
・成長力があり、5歳途中まで活躍できる
タカラスチール ★★★☆☆ ・国内同世代ではもっとも能力の高い短距離~マイル馬
・成長型が普通・鍋底なので、4歳途中で一度衰えてから再度成長する
ミホシンザン ★★★☆☆ ・国内同年代で最高の能力を持つ金札牡馬
・国内3冠は容易だが、4歳途中で衰えるのでそれまでにGⅠ8勝できるかどうか
サクラユタカオー ★★★☆☆ ・能力は国内同世代トップクラスの銀札牡馬
・柔軟性G+が痛いが、史実調教で重点的に強化すれば挽回可能
チェリーフット ★★★☆☆ ・同世代のダート馬ではもっとも有力な緑札馬
・しかし他世代のダート有力馬と比較すると能力はそこまで高くない
シリウスシンボリ ★★☆☆☆ ・能力は高いが、成長力がないのでGⅠ8勝が微妙
アサクサスケール ★★☆☆☆ ・スピードは高いが脚質に決め手がないのがキズ
・ただし同年代に他に有力馬がいないので牝馬3冠狙うならこの馬
クシロキング ★★☆☆☆ ・国内牡馬3冠も可能な能力を持つ
・ただし成長力がないのでGⅠ8勝は厳しいか
エルプス ★★☆☆☆ ・短距離~マイルで活躍するが、成長力がない
ロンスパーク ★★☆☆☆ ・スピード、サブパラともに高水準
・しかし脚質に決め手がないのが痛い
ライフタテヤマ ★★☆☆☆ ・決め手に欠けるダート馬
・この世代はダート馬が不作気味なので勝ち目もあるが
スクラムダイナ ★☆☆☆☆ ・成長型が早熟で脚質に決め手がない

海外のおすすめ幼駒について

ここからは、お守り集め向きのおすすめ幼駒ではなく、海外競馬場でのライバルとなりうる同世代の主な1歳幼駒たちを紹介しています。

海外の幼駒は、海外牧場を開設すれば庭先取引で入手可能になります。

米国

性別 SP サブ
合計
成長型 距離
スペンドアバック 75 75 普早(普) ダ1600~2000m
クレームフレイシュ 72 65 普早(持) ダ1700~2300m
タンクスプロスペクト 72 49 早熟(普) ダ1500~2300m
チーフズクラウン 72 82 普早(有) ダ1400~2200m
トリプティク 72 76 普遅(持) 芝1600~2400m
スマイル 71 49 普早(持) ダ1000~1400m
マムズコマンド 71 75 早熟(普) ダ1500~2300m
フランズヴァレンタイン 69 69 普早(持) ダ1500~2300m

スペンドアバックは、米国3冠候補筆頭の金札ダート牡馬。ベルモントSに距離がだいぶ足りないが、特性「根幹距離」で押し切ってくる。逆に言えばこの年の米国3冠は隙が多いので、自家生産馬にもチャンスはなくはない。

クレームフレイシュ、タンクスプロスペクト、チーフズクラウンは、それぞれスペンドアバックの米国3冠を阻むライバル。この3頭はいずれも銅札で獲得できるため、どれか1頭はぜひ自己所有したい。クレームフレイシュは所有しなければ騙馬になる。チーフズクラウンは仔出し8で種牡馬としても大成する。

トリプティクは、2歳時に仏国で入厩する金札牝馬。能力的には欧州オークス3冠も可能だが、芝適正が軽い芝向きなので、欧州では活躍しづらい。自己所有した場合、軽い馬場で走らせれば大いに活躍する。

スマイルは、サブパラの低い短距離ダートを得意とする銅札牡馬。数年は米国ダート短距離路線は能力の底まで高くないこの馬の覇権となるので、チャンスは多い。

マムズコマンドとフランズヴァレンタインは、トリプルティアラを争う存在。

欧州

性別 SP サブ
合計
成長型 距離
シャルダリ 74 75 普遅(持) 芝1900~2500m
スリップアンカー 74 62 普早(普) 芝1900~2500m
オーソーシャープ 72 69 普早(有) 芝1600~2800m
シアトリカル 72 82 普遅(持) 芝1700~2500m
アカテナンゴ 70 71 普早(持) 芝2000~2600m
プリモドミニー 70 46 普早(持) 芝1100~1300m

シャルダリは、能力は同世代では世界トップクラスだが、能力が開花する4歳時には1歳下に怪物ダンシングブレーヴが現れるため、欧州クラシックで覇権を取れない不運な存在。

オーソーシャープは、欧州牝馬オークス3冠候補筆頭の金札牝馬。

シアトリカルは、サブパラが虹札級に優れる金札牡馬。中~クラシックを得意とし、仔出し9で種牡馬としても大成する。

アカテナンゴは、銅札で買える馬としては高いレース性能を持つ。また、種牡馬としてはジャパンカップを制した銅札馬ランドなどの父となる。

プリモドミニーは、グローバル・スプリント・チャレンジで覇権を取る存在。ただし、この馬自身の能力は高くないので、海外の芝短距離路線はかなりチャンス。

1983年に入手すべきおすすめ繁殖牝馬

以下に1983年に入手できる(可能性のある)おすすめの仔出し10の繁殖牝馬を紹介しています。

国内

仔出 芝ダ 距離 因子
メジロオーロラ 10 ◎× 1700~2300m スタ
チヨダマサコ 10 ◎× 1800~2400m 根性
ビューティマリヤ 10 ◎× 1600~2000m
メジロチェイサー 10 ◎○ 2100~2300m
コガネポプラ 10 ◎× 1600~1800m
ビンゴモレロ 10 ◎× 1600~2000m
ホクトヒショウ 10 ◎○ 1700~2300m
メルドスポート 10 ◎× 1300~1700m
コーネリアン 10 ◎× 1600~2000m

米国

米国の繁殖牝馬は、米国牧場を開設すれば庭先取引で入手可能になります。

仔出 芝ダ 距離 因子
アレグレッタ 10 ◎× 1800~2400m 柔軟
フォールアスペン 10 ×◎ 1200~1600m 柔軟
リラクシング 10 ×◎ 1700~2100m パワ
アンティックヴァリュー 10 ◎○ 1500~1900m 柔軟
グローリアスソング 10 ◎◎ 1600~2000m スピ
コーラルダンス 10 ◎× 1400~1800m
ノーザンサンセット 10 ◎× 1900~2100m
ハイトオブファッション 10 ◎× 1600~2400m パワ
パッシングムード 10 ◎× 1900~2500m パワ
バブルカンパニー 10 ◎× 1600~1800m
ライクリーイクスチェンジ 10 ×◎ 1600~2000m スピ
ロークビーローズ 10 ◎× 1700~2100m
サージェリー 10 ◎× 1900~2500m
セクレッタム 10 ×◎ 1700~1900m

欧州

欧州の繁殖牝馬は、欧州牧場を開設すれば庭先取引で入手可能になります。

仔出 芝ダ 距離 因子
キャッスルムーン 10 ◎× 2400~2600m
スライトリーデンジャラス 10 ◎× 1400~2600m スピ
ツリーオブノレッジ 10 ◎○ 1600~2000m
ラトリニテ 10 ◎× 1300~1700m
フライングメロディ 10 ◎× 1000~1400m
ミルプリンセス 10 ◎× 1300~1700m
レイディキャピュレット 10 ◎× 1600~1800m

1983年おすすめ幼駒セールの馬

性別 SP サブ
合計
成長型 距離
ランニングフリー 66 71 普遅(持) 1800~3200m
フェートノーザン 67 59 普遅(持) 1700~2500m

ランニングフリーは、1983年の8/1幼駒セールで購入できる。落札金額は2億5千万円。

サブパラがとても高く、適性距離も広い。成長力も持続なのでGⅠ8勝も容易。

フェートノーザンも83年生まれの国内ダート馬ではトウケイフリートと並んで最高クラスの能力を持つ。

成長力が持続なので、GⅠ8勝も容易。落札金額は1億8千万円。

1983年おすすめ繁殖牝馬セール

特になし

1983年おすすめ海外セリ

性別 SP サブ
合計
成長型 距離
パーシャンボーイ 68 61 普遅(普) 1600~2400m

パーシャンボーイはSP68のマイル~クラシック牡馬。

能力は高いが、脚質に決め手がない(勝負根性D+、瞬発力C+)ので、史実調教で瞬発力を早めにBに上げてあげたい。

1983年おすすめ年度末馬

特になし

1983年に入手すべきおすすめ競走馬詳細

スダホーク

性別 SP サブ
合計
成長型 距離
スダホーク 67 68 普早(持) 1800~3200m

ミホシンザンの牡馬3冠を阻止するならこの馬。

成長力もあり、5歳途中まで活躍できる。

芝適正も幅広いので海外に活路を見出すのもよい。

タカラスチール

性別 SP サブ
合計
成長型 距離
タカラスチール 66 62 普鍋(普) 1100~1700m

短距離~マイル路線で活躍できる銅札牝馬。

成長型が普通・鍋底なので、4歳途中で一度衰えてから再成長する。

精神力がAなので、海外遠征でも勝てるように、2歳時からレースにたくさん使って鍛えてあげたい。

ミホシンザン

性別 SP サブ
合計
成長型 距離
ミホシンザン 73 74 普早(普) 1800~3200m

国内の同世代で最高の能力を誇る牡馬。

距離適性の幅も広く、牡馬3冠は容易。

唯一の弱点は、成長型が普通早で成長力もないこと。4歳途中で衰えるので、3歳終了時には何とかGⅠ6勝以上稼ぎたい。

サクラユタカオー

性別 SP サブ
合計
成長型 距離
サクラユタカオー 72 64 普遅(有) 1800~2000m

柔軟性以外の性能が抜群に高いクセのある銀札牡馬。

柔軟性G+なので初期の適性距離はとても狭い。

史実調教「障害調教」や「坂路調教」を積極的に行い、柔軟性を伸ばしてあげよう。

チェリーフット

性別 SP サブ
合計
成長型 距離
チェリーフット 65 56 普遅(普) 1400~2200m

国内同世代のでは、もっとも能力が高いダート馬。

ただし、相対的に見て高いというだけで、絶対的な能力があるわけではないので注意。

この世代は、国内の牝馬3冠路線、短距離路線、ダート路線が不作気味。

アサクサスケール

性別 SP サブ
合計
成長型 距離
アサクサスケール 68 57 普遅(普) 1500~2300m

牝馬3冠狙うならこの馬か。

ただし、脚質に決め手がなく、成長力もないのでGⅠ8勝は厳しいかもしれない。

同等の能力を持つ銅札牝馬クシロキングのうち、いずれか一頭を獲得しよう。

おすすめ競争馬・繁殖牝馬一覧|年代別

ウイニングポスト10 おすすめ記事リスト

お役立ち情報

初心者向け
序盤攻略(1年目攻略) 73年クラシック三冠攻略
海外牧場・クラブ
海外牧場の開設条件 クラブ法人&クラブ牧場の設立条件
年度別おすすめ馬
おすすめ競争馬・繁殖牝馬一覧
73年~80年
73年おすすめ競走馬・繁殖牝馬 74年おすすめ競走馬・繁殖牝馬
75年おすすめ競走馬・繁殖牝馬 76年おすすめ競走馬・繁殖牝馬
77年おすすめ競走馬・繁殖牝馬 78年おすすめ競走馬・繁殖牝馬
79年おすすめ競走馬・繁殖牝馬 80年おすすめ競走馬・繁殖牝馬
81年~90年
81年おすすめ競走馬・繁殖牝馬 82年おすすめ競走馬・繁殖牝馬
83年おすすめ競走馬・繁殖牝馬 84年おすすめ競走馬・繁殖牝馬
85年おすすめ競走馬・繁殖牝馬 86年おすすめ競走馬・繁殖牝馬
87年おすすめ競走馬・繁殖牝馬 88年おすすめ競走馬・繁殖牝馬
89年おすすめ競走馬・繁殖牝馬 90年おすすめ競走馬・繁殖牝馬
91年~00年
91年おすすめ競走馬・繁殖牝馬 92年おすすめ競走馬・繁殖牝馬
93年おすすめ競走馬・繁殖牝馬 94年おすすめ競走馬・繁殖牝馬
95年おすすめ競走馬・繁殖牝馬 96年おすすめ競走馬・繁殖牝馬
97年おすすめ競走馬・繁殖牝馬 98年おすすめ競走馬・繁殖牝馬
99年おすすめ競走馬・繁殖牝馬 00年おすすめ競走馬・繁殖牝馬
01年~10年
01年おすすめ競走馬・繁殖牝馬 02年おすすめ競走馬・繁殖牝馬
03年おすすめ競走馬・繁殖牝馬 04年おすすめ競走馬・繁殖牝馬
05年おすすめ競走馬・繁殖牝馬 06年おすすめ競走馬・繁殖牝馬
07年おすすめ競走馬・繁殖牝馬 08年おすすめ競走馬・繁殖牝馬
09年おすすめ競走馬・繁殖牝馬 10年おすすめ競走馬・繁殖牝馬
11年~20年
11年おすすめ競走馬・繁殖牝馬 12年おすすめ競走馬・繁殖牝馬
13年おすすめ競走馬・繁殖牝馬 14年おすすめ競走馬・繁殖牝馬
15年おすすめ競走馬・繁殖牝馬 16年おすすめ競走馬・繁殖牝馬
17年おすすめ競走馬・繁殖牝馬 18年おすすめ競走馬・繁殖牝馬
19年おすすめ競走馬・繁殖牝馬 20年おすすめ競走馬・繁殖牝馬
21年~23年
21年おすすめ競走馬・繁殖牝馬 スーパースターホース一覧
クリア後要素
エンディング条件とクリア報酬

基本情報

基本情報
体験版の引き継ぎ方法 DLC情報
DLCの受け取り方(Switch) トロフィー一覧
お守りの入手方法まとめ お守りの使い方
牧場スタッフの増やし方 結婚相手・知人一覧
取り返しのつかない要素 アップデート情報まとめ
オンライン要素の実装はいつ?

史実馬

1972年~1980年
1972年誕生の史実馬一覧 1973年誕生の史実馬一覧
1974年誕生の史実馬一覧 1975年誕生の史実馬一覧
1976年誕生の史実馬一覧 1977年誕生の史実馬一覧
1978年誕生の史実馬一覧 1979年誕生の史実馬一覧
1980年誕生の史実馬一覧
1981年~1990年
1981年誕生の史実馬一覧 1982年誕生の史実馬一覧
1983年誕生の史実馬一覧 1984年誕生の史実馬一覧
1985年誕生の史実馬一覧 1986年誕生の史実馬一覧
1987年誕生の史実馬一覧 1988年誕生の史実馬一覧
1989年誕生の史実馬一覧 1990年誕生の史実馬一覧
1991年~2000年
1991年誕生の史実馬一覧 1992年誕生の史実馬一覧
1993年誕生の史実馬一覧 1994年誕生の史実馬一覧
1995年誕生の史実馬一覧 1996年誕生の史実馬一覧
1997年誕生の史実馬一覧 1998年誕生の史実馬一覧
1999年誕生の史実馬一覧 2000年誕生の史実馬一覧
2001年~2010年
2001年誕生の史実馬一覧 2002年誕生の史実馬一覧
2003年誕生の史実馬一覧 2004年誕生の史実馬一覧
2005年誕生の史実馬一覧 2006年誕生の史実馬一覧
2007年誕生の史実馬一覧 2008年誕生の史実馬一覧
2009年誕生の史実馬一覧 2010年誕生の史実馬一覧
2011年~2020年
2011年誕生の史実馬一覧 2012年誕生の史実馬一覧
2013年誕生の史実馬一覧 2014年誕生の史実馬一覧
2015年誕生の史実馬一覧 2016年誕生の史実馬一覧
2017年誕生の史実馬一覧 2018年誕生の史実馬一覧
2019年誕生の史実馬一覧 2020年誕生の史実馬一覧
2021年~2023年
2021年誕生の史実馬一覧 2022年誕生の史実馬一覧
2023年誕生の史実馬一覧

データベース

データベース
特性の効果一覧 ウマーソナリティ一覧
芝適性の早見表 史実調教一覧

Leave a Reply



Be the first to comment