【ポケモンBDSP】新要素と過去作との違い【ダイパリメイク】

ポケモンBDSP(ダイパリメイク)の過去作との違いや新要素についてまとめいます。

過去作との違い

ポケモンの隠れ家

ポケモンの隠れ家

ダイパリメイク前には存在しなかった「ポケモンの隠れ家」と呼ばれるエリアが地下大空洞に追加されています。エリアは氷、火、水、草といったタイプ別に存在し、エリアのタイプと同じポケモンがランダムシンボルとして出現しています。地下大空洞の秘密基地で配置する石像の種類に対応して、「ポケモンの隠れ家」で出現するポケモンの出現確率を変動させることができます。

新要素

ファッション

ファッション

コスチュームセットを入手することで、特定の場所(お店)で主人公の服装を変更できる新要素がダイパリメイクから追加されています。ファッションを変更すると、街を歩く時の主人公の見た目も変化します。ファッションはセットと呼ばれる服装セットで選ぶため、決められたファッションセットでおしゃれします。

ポケモンの連れ歩き

ポケモンの連れ歩き

主人公の背後にポケモンを1匹連れ歩くことができます。常に1匹だけポケモンを連れ歩けるので、サトシとピカチュウのようなポケモンと共に冒険している雰囲気が出ています。ポケモン剣盾ではポケモンの連れ歩きを[ON/OFF]できたので、ダイパリメイクでも切り替え可能かと思います。

ダイパリメイク前との共通点

地下大空洞

地下大空洞

地下大空洞では「ポケモンの隠れ家」、「化石掘り」、「秘密基地」の要素を楽しめます。

ポケモンの隠れ家
ポケモンがランダムシンボルとして出現するエリアが地下大空洞に存在します。エリアタイプと同じタイプのポケモンが出現しやいです。地上では入手できないポケモンがポケモンの隠れ家では入手できそうです。

化石掘り
リメイク前と同じように化石掘りで化石やアイテムを入手可能です。

秘密基地
秘密基地にはポケモンの石像を配置できます。配置した石像の種類よって、ポケモンの隠れ家で出現するポケモンの出現確率が変化します。

ボールデコシール

ボールデコ

1個のボールに20枚までデコシールを貼り付けられます。貼り付けたシールのデコレーション効果は、戦闘でポケモンをボール出したときに発生します。シールを変更するとデコレーション効果も変化し、はなびら、はなびなど数種類のデコシールから選択できます。

ユニオンルーム

ユニオンルーム

通信対戦、通信交換する際に作る部屋であるユニオンルームが過去作と同じように存在します。ユニオンルームに入り、部屋内にいるほかのプレイヤーに話しかけることで、ポケモン交換や対戦を楽しめます。

Leave a Reply



Be the first to comment