【ロストジャッジメント】賭場攻略|ミニゲーム・プレイスポット

ロストジャッジメントのミニゲーム「賭博」を紹介しています。

賭場の場所


賭博は賭場で行うことができます。
賭場は異人町・南東の雑居ビルにあります。
雑居ビルへは「RosyCountry」というビルの横の細い路地を抜けて進みましょう。

暗証コードで賭博開放

賭博場に入るには暗証コードが必要です。暗証コードは「7120」です。

遊べるミニゲーム

賭博場で遊べるミニゲームは、「こいこい」と「ちんちろ」の2種類があります。

カジノで確実に勝つためのイカサマアイテム

SPで購入できるイカサマアイテムを使用すると、イカサマアイテムに対応したミニゲームに勝ちやすくなります。イカサマアイテムを購入するために大量のSPを消費しますが、下記に紹介するSP稼ぎの効率の良いやり方でSPを入手できますので参考にしてみてください。

▶︎【ロストジャッジメント】SP稼ぎの効率的なやり方

こいこい攻略

こいこいのルール

場の札と手札が同じ種類である場合に札を獲得できる

場の札と手札が同じ種類である場合、場に出ている札を獲得できます。
獲得した札で役を作り、役の合計点を対戦相手と競います。

10枚の手札が無くなるまで場に出し続ける

合計で12ゲームあり、終了した時の役の合計点が高いプレイヤーが勝ちとなります。
10枚の手札が無くなるまで手札を場に出し続けてゲームが進行します。

「こい」をすればゲームを続行出来る

役が出来上がった場合に【こい】をするかしないか選べます。
こいをすれば、そのゲームを続行します。
こいをしなければ、手札の役の点数が自分に入ります。

札の絵柄は合計で12種類

1つの月につき4枚絵柄があります
例:1月の絵柄(4枚)

親・子(先行後攻)を決めるところからスタート

親と子(先行後攻)を決め、親順からゲーム開始です。
親の行動後に子の順番となり、交互に行動してゲームが進みます。

行動順にやること

1 手札から札を1枚場に出す

・出した札と同じ月(絵柄)の札が場にあれば、出した札と場札の2枚を獲得できる
(獲得した札は自分の脇に置かれる)・出した手札と同じ月の札がない場合は出した札が場に残る

2 山札をめくって札を場に出す

めくった札と同じ月(絵柄)の札が場にあれば、めくった札と場札の2枚を獲得できる

こいこい役一覧

カス(1点) 「カス札」のうちの10枚を集めれば役が成立し、「カス札」が1枚増えるごとに1点追加。「菊に盃札」はカス札として計算することもできる
タン(1点) 「タン札」のうちの5枚を集めれば役が成立し、「タン札」が1枚増える毎に1点追加
タネ(1点) 「10点札」のうちの5枚を集めれば役が成立し、10点札が1枚増えるごとに1点追加
旬(4点) 場の月と同じ月の札4枚による役
青短(5点) 「菊」「牡丹」「紅葉」の「タン札」による役
赤短(5点) 「松」「桜」「梅」の「タン札」による役
猪鹿蝶(5点) 「萩に猪」「紅葉に鹿」「牡丹に蝶」による役
月見酒(5点) 「芒に月」と「菊に盃」による役
花見酒(5点) 「桜に幕」と「菊に盃」による役
手四(6点) 手札の中に「同じ月が4枚」あった場合、6点を獲得してその月は終了になる
食付(6点) 手札の中に「同じ月が2枚ずつ4組」あった場合、6点を獲得し、その月は終了になる
三光(6点) 「柳に小野道風」以外の「20点札」×3枚による役
雨四光(7点) 「柳に小野道風」と他の「20点札」×3枚による役
四光(8点) 「柳に小野道風」以外の「20点札」×4枚による役
五光(10点) 「柳に小野道風」と他の「20点札」×4枚による役

おいちょかぶ攻略

おいちょかぶのルール

おいちょかぶは、手札の数字を合計9に近づけていくゲームです。
手札の数字が2桁(10以上)になった場合は、下1桁の数字が適用されます。

親と子で勝負するゲーム

おいちょかぶでは、ひとりが親となり、残りの3人が子となる合計4人のゲームです。
親と子の勝負なので、自身が子だった場合にはほかの子の強さがどうであれ勝負には関係ありません。

同点は親の勝ち

親と子の手札の合計が同じだった場合、親の勝利となります。

おいちょかぶの役一覧

 

ブタ 手札の合計が「0」
ピン 手札の合計が「1」
ニソウ 手札の合計が「2」
サンタ 手札の合計が「3」
ヨツヤ 手札の合計が「4」
ゴケ 手札の合計が「5」
ロッポウ 手札の合計が「6」
ナキ 手札の合計が「7」
オイチョ 手札の合計が「8」
カブ 手札の合計が「9」
シッピン 2枚目の札を配られた時点で1と4の組み合わせだった場合

子のみに有効。

賭け点の2倍を精算する

クッピン 親のみ・賭け点×2倍を精算
2枚目の札を配られたとき、「1」と「9」の組み合わせだった場合の役
アラシ 親と子・賭け点×3倍を精算
3枚札をめくり、いずれも同じ月札だった場合の役
ドシッピン 親と子・賭け点×20倍を精算
3枚目の札をめくり、「10」が2枚、「1」が1枚だった場合の役
(10×2枚、1×1枚の手札)
シロクの逃げ 親と子・その勝負を降りることができる
2枚目の札を配られたとき、「4」と「6」の手札だった場合の役

Leave a Reply



Be the first to comment